カリスマ社会福祉士

日本の社会保障

【生活困窮者自立支援制度】生活保護の一歩手前で救う仕組み

戦後から福祉の主たる対象だった「高齢者」「障害者」「児童」。しかし現在ではこの3者だけではなく、ワーキングプア、ニート、ひきこもり、社会的孤立など様々な問題を抱えた人達が困窮しています。生活困窮者自立支援制度では、これまで福祉の対象ではなかったすべての人達を救う仕組みです。
日本の社会保障

【日本の社会保障制度】スティグマを抱えても4層構造で誰一人取り残さない

日本の社会保障制度は4層構造になっています。中心となる社会保険制度が第一層目、次に社会福祉制度、次に生活困窮者自立支援制度、そして最後のセーフティネットとして生活保護制度があります。
日本の社会保障

【生活保護制度】国が責任を持つ最後のセーフティネット

「補足性の原理」と聞いてその内容がわかりますか?生活保護制度では、まずは原理・原則を押さえましょう。そして8種類の扶助の中身について、戦前の救護法から現在の生活保護法に至るまでの扶助の変遷と合わせて覚えましょう。
日本の医療福祉

【日本の戦前福祉の変遷】救貧政策と民生委員制度の歴史

戦前福祉のポイントは、救貧政策と民生委員制度の変遷です。日本初の救貧政策である恤救規則はごくわずかな人たちしか救済されませんでしたが、その後の「米騒動」は福祉のターニングポイントとなり、政府は一転して積極的に救貧・防貧政策を行い、恤救規則→救護法→旧生活保護法へと続いていきます。並行して民生委員制度の原型である済世顧問制度→方面委員制度→民生委員制度の流れも押さえましょう。
合格体験記

【最短合格法】カリスマ社会福祉士の合格体験記

社会福祉士国家試験を目指す中でこんな悩みを抱えていませんか?・いくら勉強しても感触がない・過去問を解くのにやたら時間がかかる・受かる気がしない、このような受験生の悩みを解決します。
日本の医療福祉

【日本の戦後福祉の変遷】福祉三法・六法・八法

戦後日本では福祉三法、六法、八法と整備されていく中で、「福祉元年」と「福祉八法改正」は大きなターニングポイントとなりました。そしてその背景には「高度経済成長」と「高齢化」があります。高度経済成長の波に乗って拡大してきた福祉は、福祉元年に起こったオイルショックで一転、縮小・調整期に入ります。その背景には急速に進む高齢化があります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました