介護福祉士受験対策は実技試験のみ注意

介護福祉士受験対策 介護福祉士資格のある方へ
スポンサーリンク

国は介護人材不足が深刻になる将来に向けて介護士を増やそうと躍起になっていますので、これから介護福祉士の資格を持っていれば何かと就職や待遇改善には役立つと思います。

国家資格の中でも社会福祉士などと比べて介護福祉士ははるかに易しい試験ですので確実に合格したいのですが、そのポイントをお伝えします。

筆記試験対策

介護福祉士の筆記試験はとても易しいです。

このサイトの記事内容は社会福祉士受験生に向けたものですが、介護福祉士受験生には十分すぎる知識が習得できます。

サイトの記事は難しめなので、とりあえず介護福祉士の試験に合格すればいいやという人は過去問3年分やって合格しましょう。

中央法規の過去問は解説が充実しているのでオススメです。

ちなみに私は、125点満点で125点でした。

実技試験対策

私が受験した当時は「実務経験3年以上」で受験資格を得ることができ、「実務者研修修了」は実技試験を免除したい人があらかじめ受講していました。

私の場合は、「実務者研修修了」せず実技試験を受けましたので、実技試験対策が必要でした。

2020年現在では、介護福祉士の受験資格は、「実務経験3年以上」+「実務者研修修了」になっています。

つまり、この時点で実技試験が免除されるのです。

現時点で介護福祉士受験において実技試験を受ける必要があるのは、「EPA介護福祉士候補者」のみです。

経済連携協定(EPA:Economic Partnership Agreement)とは、貿易の自由化に加え、投資、人の移動、知的財産の保護や競争政策におけるルール作り、様々な分野での協力の要素等を含む、幅広い経済関係の強化を目的とする協定のことです。

つまり、EPAで介護福祉士候補者として来日しているインドネシア、ベトナム、フィリピンの方が、「EPA介護福祉士候補者」です。

これらの方のうち実務者研修を終了していない方が実技試験を受ける必要があります。

実技試験に合格するためには、必ずDVD付の参考書を購入して映像で勉強してください。

介護福祉士合格のために唯一のポイントです。

最後に

社会福祉士でもそうですが、介護福祉士も試験に合格するだけでは介護福祉士にはなれず、「登録」が必要です。

この登録には1万数千円の費用が必要で、ウンザリしますが、必要経費と考えて登録しましょう。

上の写真は合格証書、下の写真は登録証です。

介護福祉士国家試験合格証書
介護福祉士登録証
介護福祉士の年収500~600万円は十分可能
介護の仕事は給料が安いなどと言われますが、実際私自身の体験から、そこまで低いとは感じていません。私の年収なども紹介しながら、実際のところを見ていきましょう。私の年収私は28歳で福祉業界に就職し、31歳で介護福祉士の資格を取得しました。たしか

コメント

タイトルとURLをコピーしました