ソーシャルワークの展開

ソーシャルワークの展開

「記録」逐語体は逐一記録、叙述体は時系列

ソーシャルワーカーだけでなくどんな職種であっても仕事をする上で記録をとる能力は重要です。 記録の方法にはさまざまな形がありますので、全て覚えましょう。 逐語体 逐語体は、発話どおりにそのまま記録した文体です。 録音...
ソーシャルワークの展開

グループワーク

グループワークの源流はセツルメント運動やYMCA運動です。 YMCA運動とは、1844年に青少年の精神を改善するという趣旨のもと12人の勤労青年によって生まれた団体です。YMCAでは余暇をレクリエーションやクラブ活動に使うよう指導し...
ソーシャルワークの展開

「ケースアドボカシー」と「コーズアドボカシー」

ソーシャルワークの重要な機能の1つがアドボカシーです。 アドボカシーというのは、adovocate(主張する、指示する、擁護する)という意味ですので、福祉分野では「代弁」「権利擁護」などの意味で使われます。 利用者の意思を代弁...
スポンサーリンク
ソーシャルワークの展開

アセスメントツール

アセスメントの基礎情報には、本人の家族構成などの図がありますね。 そのような家系図はジェノグラムといいます。 このようなアセスメントツールの専門用語を覚えていきましょう。 ジェノグラム 3世代以上の家族状況を図式化...
ソーシャルワークの展開

ノーマライゼーション

現在では障害者福祉の基本となっているノーマライゼーションの理念は、どのようにして醸成されてきたのでしょうか。 ノーマライゼーションに関しては3名の人物を、その歴史的流れと共に押さえましょう。 バンク-ミケルセン ノーマラ...
ソーシャルワークの展開

バイステック7原則と面接技法

相談援助を行う上での原則を示したバイステックの7原則を学びましょう。 アメリカの社会福祉学者のバイステックが提唱しました。 バイステックの7原則 個別化の原則 クライエントの抱える課題は、それぞれに異なり、似たようなも...
ソーシャルワークの展開

相談援助過程

相談援助の流れ 相談援助過程は以下のように流れていきます。 ①アウトリーチ(ニーズの発見、掘り起し)②インテーク(受理面接)③アセスメント(事前評価)④プランニング(個別援助計画の立案、作成)⑤インターベンション(介入)⑥モニタ...
ソーシャルワークの展開

ソーシャルワークの各種アプローチ

ソーシャルワークの様々なアプローチ法は必ず国家試験に出題されます。 しっかり勉強して得点源にしましょう。 ソーシャルケースワーク 慈善組織協会COSの活動を通してケースワークが発展し、その専門化を行ってきたのがリ...
ソーシャルワークの展開

ソーシャルワークのグローバル定義

2014年「ソーシャルワークのグローバル定義」採択 ソーシャルワーク専門職のグローバル定義は、2014年7月にメルボルンでの国際ソーシャルワーカー連盟総会および国際ソーシャルワーク学校連盟総会において採択されました。 この定義...
ソーシャルワークの展開

日本でのケースワークの発展

リッチモンドがケースワークを専門化して以降、日本でもケースワークの発展が見られます。 1924年「ケースウォークとしての人事相談事業」三好豊太郎 <リッチモンドの著書>1917年「社会診断」1922年「ソーシャルケースワ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました