社会福祉士国試対策 1日完結講義

社会福祉士国家試験 受験生へ
スポンサーリンク

2020年度 第33回社会福祉士国家試験の受験対策1日完結講義を開催します。

以下のような方に参加をオススメします。

・まったく学習を始めていない
・学習を始めたけど手ごたえがない
・学習の進め方が分からない
・今年確実に合格したい

講義内容

一般の受験対策講座では3日間でやる内容(全出題範囲)を1日の講義で網羅しますので、かなりキツイ1日(6時間)になると思いますが、丸1日集中していただければ「案外合格できそうだな」と思えるはずです。

講義では、当サイトに掲載している全ての記事を1冊に凝縮したテキストを配布します。

このテキストだけである程度合格ラインに達することができるでしょう。

この講義はカリスマ社会福祉士が自信を持ってお届けしますので、もし満足できなければ1万円を返金させていただきます。

講義後に直接私に苦情を伝えていただければ、必ず返金させていただきます。

講義当日は遠慮なく、なんでも質問や相談等してください。

日時:2020年10月25日(日)9:00~16:00
会場:京都駅周辺(申込時に場所をお伝えします)
費用:21,000円(税込、資料代込み)

受講特典

参加者には福祉年表(世界版と日本版の2種類)をプレゼントしています。

福祉年表は試験当日まで常時携帯していただいて、暇があれば確認して少しずつ頭に入れていってください。

歴史問題は「〇年に○○が制定された」という覚え方だけではなく前後関係の確認も重要です。

イギリスでCOSが始まったころは日本では恤救規則が制定されていたとか、セツルメント運動はその後に始まったとか、縦軸で年表を見てください。

実際、第32回国家試験には「福祉八法改正以前の出来事はどれか」という問題が出題されました。

つまり、時代の前後関係を俯瞰する学習が必要ですので、そのために福祉年表を活用していただければと思います。

あなたがこの先、社会福祉士になられてからも歴史は続いていきますので、新しい法律等ができたときに追記して、末永く活用いただければと思います。

申込方法

下記のメールアドレスに、氏名とお住まいの都道府県を記載し、件名には「講義受講希望」と書いて送信してください。

後日、会場と参加費の振込先を記載したメールを送信します(1週間以内に返信がない場合は再度送信してください)。

申込締切は10月15日(木)とさせていただきますが、コロナ対策として少人数を考えていますので、定員に達すれば早々に締め切ります。

送信先:info@self-sufficiency.jp

オンライン講座

京都まで来るのがキツい方へ、オンライン講座も開講します。

今回の「社会福祉士国試対策1日完結講義」の内容を90分×4回に分けて実施します。

数セット開講しますので計4回都合のつく日に参加してください。

日時:10月から11月の20:00~21:30×4回
環境:Skypeを使用、顔出し無しでもOKです
費用:21,000円(受講後の後払い)
定員:10名×3クール

オンライン講座を受講希望の方は、下記のメールアドレスに「オンライン講座受講希望」と書いて、氏名とお住まいの都道府県を記載して送信してください。

後日、具体的な日程等を返信させていただきます。

日程が合わなければメールを受け取った段階でキャンセルしていただければと思います。

支払いは1回目の受講後でかまいませんので、事前の振込は必要ありません(1回目の受講後に残り3回の受講をキャンセルする場合は4,000円です)。

最後に

勉強を始めたのにいまいち手ごたえが無いという方は参加してみてください。
この講義を受けていただければ不安は払拭されますので、ぜひ京都までお越しください。

受験生へ
スポンサーリンク
カリスマ社会福祉士をフォローする
スポンサーリンク
社会福祉士国試 3カ月で合格できる覚え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました