諸外国の福祉

諸外国の福祉

【ナチス強制収容所の地獄を生きた3人】コルチャックの人生に涙

社会福祉士・介護福祉士の受験勉強をしながら、この3名の偉人を知れたことは幸せでした。 社会福祉士を目指す全ての人に知ってほしい3名を紹介します。 「ノーマライゼーションの父」バンク・ミケルセン ノーマライゼーションの理念...
諸外国の福祉

【ドイツの福祉政策の歴史】始まりはエルバーフェルト制度

世界で最も早く社会保障制度が始まったドイツの歴史を学びましょう。 1852年 エルバーフェルト制度 当時、ドイツのエルバーフェルト市では、市域を区分してボランティアの委員を配置し、貧困者への訪問調査や相談を行いました。 ...
諸外国の福祉

【諸外国の社会保障制度】イギリス、アメリカ、ドイツ、フランス、スウェーデン

福祉国家を中心に、諸外国の社会保障制度を見てみましょう。 イギリス 医療制度 イギリスの医療保障は国民保健サービスNHS(National Health Service)が中心です。 これは税方式(税財源方...
諸外国の福祉

【イギリスの報告書】シーボーム報告・グリフィス報告・バークレイ報告の覚え方

イギリスでは、有名なベヴァリッジ報告をはじめ、○○報告というのがいろいろ出されています。 日本と同じようにオイルショックを境に福祉の拡大から縮小へと転じ、報告書の内容もそのように変化していきます。 そして「コミュニティケア」と...
諸外国の福祉

「セツルメント運動」ってなに?「慈善組織協会COS」と比較した覚え方

セツルメント運動って何!?変な名前ですね。セツルメント運動はCOS運動と対比させると覚えやすいです。
諸外国の福祉

【イギリスの福祉政策の歴史】エリザベス救貧法から新救貧法へ

イギリスは最も早くから福祉政策が実施されてきたことからも国家試験では頻出です。 イギリスの福祉政策の変遷を、その意味をとらえながら覚えていきましょう。 1601年 エリザベス救貧法 このころはまだ産業革命以前ですが、貧...
タイトルとURLをコピーしました