「福祉の歴史」まとめ

福祉の歴史 まとめ記事
スポンサーリンク

歴史の問題は、過去問中心の学習では不十分です。
歴史は「流れ」を覚える事がポイントです。

時代の特徴を把握し、なぜその時期にそのような政策がなされたのか、そういった理由や豆知識を合わせて覚える事で忘れにくくなります。
語呂合わせで、「○年に○○が制定された」とだけ覚えたとしても、試験にも仕事にも役に立ちません。

日本の福祉の歴史を、様々な切り口からまとめてみましょう。
例えば、社会保障制度、救貧政策、高齢者福祉、障害者福祉、児童福祉、社会福祉協議会の成立ち、諸外国の歴史などなど。
するとそれぞれの歴史のなかで、重複して何度も出てくるイベントがあることが分かります。

1960年代の高度経済成長と高齢化のはじまり、1973年の福祉元年、1990年の福祉八法改正など、日本の福祉のターニングポイントが見えてきます。
すると自然と流れが覚えられて、自分で説明できるようになります。

これこそ、社会福祉士になってから役立つ知識です。

歴史をなぜ覚えるのか、それは今に繋がっているからです。
今、現在の福祉施策がどのような経緯でできたのかを知ることは、今後のよりよい福祉の形を見出す材料になります。

戦後日本の福祉変遷

戦後の福祉の軸となるのは、福祉三法→福祉六法→福祉八法→福祉八法改正の流れです。
社会福祉士国家試験にはあまり出題されない内容ですが、福祉の歴史全体を把握する上で必須ですので、しっかり理解しましょう。

「日本の戦後福祉の変遷」福祉三法・六法・八法
社会福祉士国家試験では、戦後の日本でどのように福祉政策が移り変わってきたか、時系列でそれぞれの法律の内容まで問われたりします。 時代背景を含めながら大きく把握して、個々の法律の内容についてもそれなりに抑えていきましょう。 ...

戦後日本の福祉変遷(救貧政策の歴史)

世界でも日本でも、福祉の始まりは救貧政策からです。
貧困は誰にでも起こりうる全ての人が対象になるからです。

しかし、戦前に恤救規則から始まった日本の福祉は長らく停滞し、民間や地方公共団体に頼っていました。

戦前の日本の福祉の軸となるのは、民生委員です。
済世顧問→方面委員→民生委員という流れをしっかり把握しましょう。

「日本の戦前福祉の変遷」救貧政策の歴史
日本の戦前からの福祉のはじまりを追っていきます。日本でも世界でも福祉の始まりは救貧政策からです。イギリスでは「エリザベス救貧法」でした。日本では「恤救規則(じゅっきゅうきそく)」が全てのはじまりです。日本の...

高齢者福祉の歴史

日本の戦後福祉の流れで最大の特徴は、高齢化に伴う施策です。
急速に進む高齢化に対応して日本の福祉は進んできました。

「日本の高齢者福祉の歴史」高齢化率をたどれ
高齢者はもともと救護法や生活保護法で救貧の対象でした。戦前の救護法から戦後の生活保護法へと流れていきます。戦前~戦後年法律対象1874年恤救規則70歳以上の老衰者など1929年救護法65...

障害者福祉の歴史

高齢者や児童は救貧政策から対象になっていましたが、障害者はなかなか福祉の対象にならず、とくに精神障害者に至っては1993年の障害者基本法ではじめて規定されています。

「日本の障害福祉の歴史」すべては障害児が成人してから始まった
戦前の障害者は、恤救規則や救護法の中で救貧政策の対象となっていただけでした。不十分な障害者施策を補うように、民間での取組みが始まります。民間の取組み日本で初めての障害者施設は石井亮一が設立した障害児者のための「滝野...

児童福祉の歴史

高齢者、障害者、児童の3大対象のなかで、児童が最も早くから対策がなされています。
子どもを社会的弱者とみて助けようとするのは、多くの人が共感する思いだからでしょう。
虐待防止法ができたのも児童が一番最初、なんと戦前からできています。

「児童福祉の歴史」能動的権利はいつから?
児童に関する福祉関係の法律は、障害者や高齢者に比べて戦前から少しずつ整備されてきました。子どもは守るべき存在であることは誰からも共感される摂理であったからでしょう。児童虐待防止法などは戦前の1933年にできています。...

イギリスの福祉の歴史

世界で最も早く福祉が発展してきたイギリスの福祉は国家試験に頻出です。

慈善組織協会COSやセツルメント運動もイギリス発祥です。

イギリスの福祉政策の歴史
イギリスは最も早くから福祉政策が実施されてきたことからも国家試験では頻出です。 イギリスの福祉政策の変遷を、その意味をとらえながら覚えていきましょう。1601年 エリザベス救貧法このころはまだ産業革命以前ですが、貧...
「慈善組織協会COS」と「セツルメント運動」
ソーシャルワークは・ケースワーク・グループワーク・コミュニティワークがそれぞれ発展し、最終的に統合されてジェネリックソーシャルワークとなります。ここではケースワークの源流となったCOS、グループワークの源流となったセツルメ...
「時事問題」まとめ
毎年、内容が更新されていく時事的分野は、数字を覚える必要があるものが多いのでややこしいですが、最新の数値を覚える必要はなく、ザックリとした値と傾向を覚えておけば問題ありません。ポイントとなる数値は以下の通りですが、これだけでは得点...
まとめ記事
スポンサーリンク
カリスマ社会福祉士をフォローする
スポンサーリンク
社会福祉士国試 3カ月で合格できる覚え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました