イギリスの報告書

イギリスの報告書 諸外国の福祉
スポンサーリンク

イギリスでは○○報告というのがいろいろ出されていて覚えなければならないのですが、「コミュニティケア」というキーワードで時系列に沿ってその内容を知ると覚えやすいです。

1911年 国民保険法

イギリスでは1911年に初めて国民保健法という社会保険制度ができました。ドイツにすでに施行されていた制度を参考に制定され、「健康保険」と「失業保険」を含む制度になりました。

1939年 レイン報告

報告書はイギリスで出されたものが大半ですが、このレイン報告だけアメリカです

コミュニティオーガニゼーションの目的を地域のニーズに応じて社会資源を調整する「ニーズ・資源調整説」が提唱されています。

1942年 ベヴァリッジ報告

イギリスで最も有名な報告書といえば、このベヴァリッジ報告です。ナショナルミニマム=最低限度の生活を営む基準を謳い、全ての国民に最低限度の生活を保障しています。

日本では憲法25条 健康で文化的な最低限度の生活に位置づけられるものです。

・国民保険法の思想を継承し、失業保険や年金は定額保険料、定額給付
・救貧法に変わり保険料を払えない人、働けない人に所得補償
・家族手当(児童手当)給付
・医療給付制度

当時イギリスは戦争中だったことやチャーチル首相が福祉の拡大に消極的だったことから、全項目実施には数年がかかりましたが、最終的に当時のアトリー首相は「福祉国家」が正式にスタートすることを国民に告げ「揺りかごから墓場まで」といわれる社会福祉体制が完成しました。

1968年 シーボーム報告

このシーボーム報告で提言されたのは福祉サービスを提供していた各部局の統合です。

高齢者や障害者に対するサービスが分野別に提供されたいたことから、保健部、福祉部、児童部といった複数の部局を統合しました。

単一の部局による包括的なサービス提供が目指されたのです。

「複数の部局がシボム」と覚えましょう。

これにより地方自治体社会サービス法などが制定されコミュニティケアが推進されました。

1969年 エイブス報告

このエイブス報告ではボランティアの役割が書かれています。

ボランティアの役割りは専門化にできない新しい社会サービスを開発することであるとされました。

1973年 オイルショック

日本ではこのオイルショックを機に、老人医療費無料化の廃止など、大盤振る舞いしていた福祉を縮小する方向に向かいましたね。イギリスでもそうなっていきます。

1978年 ウォルフェンデン報告

オイルショックでイギリス経済が大きな打撃をうけ、公的機関による福祉が困難になってしまいました。

そこでボランタリー組織の役割りを強調するなど、民間も含めた多元的な供給体制(福祉多元主義)に頼ることになり、このころから福祉が縮小されていきます。

ウォルフェンデン報告では、福祉における国家の役割の縮小と分権化、民間の参加の推進が提唱されていきます。

1979年 サッチャー政権「小さな政府」

民営化や福祉の削減という「小さな政府」化を推し進めたことで経済は活性化しましたが、貧富の差は拡大し、若者の失業率も増加してしまいました。

1982年 バークレイ報告

バークレイ報告では、ケースワーク、グループワーク、コミュニティワークを統合したコミュニティソーシャルワークを提言しました。

日本で「サイレント・プア」という深田恭子さん主演のドラマがありましたが、彼女が演じていたのがコミュニティソーシャルワーカーです。

コミュニティワークは地域組織化活動、コミュニティオーガニゼーションなどの関節援助技術で、コミュニティソーシャルワークは直接援助技術です。

1988年 グリフィス報告

グリフィス報告では、コミュニティケアを施設や病院だけでなく在宅で家族や周りの人々にも広げ「施設から在宅へ」と福祉多元主義を具現化され、コミュニティケアに関して地方自治体が責任をもつことが謳われました。

当時のサッチャー政権の「福祉削減・反福祉国家路線」へのお墨付きを得て、高齢者の入所施設の財源を国から地方に移譲する等が実施されました。

コミュニティケアのため資源を有効活用すべき、市場原理の導入やケアマネジメント導入、コミュニティケア計画の策定などなど。

1990年 国民保険サービスおよびコミュニティケア法

1990年、日本では福祉八法改正で福祉の大転換がなされました。

イギリスでは、グリフィス報告に基づいてこの法律ができ、ケアマネジメントの実施が取りいれられました。

アメリカで始まったケースマネジメントはイギリスでこの法律によってケアマネジメントとして具現化したわけです。

ボランティアセンターやコミュニティの役割りを重視し、施設や在宅ケアの権限や財源を地方自治体へ移譲しました。

1997年 ブレア政権「第三の道」

サービス提供主体の多元化を促進したコミュニティケア改革を継承しボランタリーやコミュニティの役割りを重視しています。

第三の道

まとめ

このようにイギリスでは様々な報告書が出されていますが、全国民に最低限度の生活を保障したベヴァレッジ報告を始めとして、その後コミュニティケアの展開が一連の報告書の流れになっています。

シーボーム報告で部局を統合してコミュニティケアを推進、ウォルフェンデン報告ではオイルショックの打撃により「福祉多元主義」を打ち出し、その後のサッチャー政権でさらに福祉が縮小されていきます。

バークレイ報告ではコミュニティソーシャルワークが提言され、その後のグリフィス報告ではコミュニティケアを施設や病院だけでなく在宅で家族や周りの人々へも「福祉多元主義」を具現化していきました。

このグリフィス報告に基づいて「国民保健サービスおよびコミュニティケア法」が制定されコミュニティの役割り重視が法定化され、その後のブレア政権でもコミュニティケア改革を継承しています。

過去問

第29回 問題33

イギリスの各種の報告書における地域福祉に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 シーボーム報告(1968年)は、社会サービスにおけるボランティアの役割は、専門家にできない新しい社会サービスを開発することにあることを強調した。
2 エイブス報告(1969年)は、地方自治体がソーシャルワークに関連した部門を統合すべきであることを勧告した。
3 ウォルフェンデン報告(1978年)は、地方自治体の役割について、サービス供給を重視した。
4 バークレイ報告(1982年)は、コミュニティを基礎としたカウンセリングと社会的ケア計画を統合した実践であるコミュニティソーシャルワークを提唱した。
5 グリフィス報告(1988年)は、コミュニティケアの基礎となるナショナル・ミニマムの概念を提唱した。

1 シーボーム報告(1968年)は、社会サービスにおけるボランティアの役割は、専門家にできない新しい社会サービスを開発することにあることを強調した。
これはエイブス報告の内容なので間違いです。

2 エイブス報告(1969年)は、地方自治体がソーシャルワークに関連した部門を統合すべきであることを勧告した。
これはシーボーム報告の内容なので間違いです。

3 ウォルフェンデン報告(1978年)は、地方自治体の役割について、サービス供給を重視した。
ウォルフェンデン報告は、民間のボランタリー組織の在り方について検討された報告書で、福祉多元主義を打ち出しています。
福祉多元主義なので、公的機関も民間も、みんなで福祉を支えようという考えなので、地方自治体のサービス供給を重視したというのは間違いです。

4 バークレイ報告(1982年)は、コミュニティを基礎としたカウンセリングと社会的ケア計画を統合した実践であるコミュニティソーシャルワークを提唱した。
バークレイ報告のキーワードはコミュニティソーシャルワークですので正しいです。
深田恭子が演じたコミュニティソーシャルワーカーは、このバークレイ報告で提唱されたものです。

5 グリフィス報告(1988年)は、コミュニティケアの基礎となるナショナル・ミニマムの概念を提唱した。
ナショナルミニマムとくればベヴァリッジ報告なので間違いです。

諸外国の社会保険制度
福祉国家を中心に、諸外国の社会保険制度を見てみましょう。イギリス医療制度イギリスの医療保障は国民保健サービスNTSが中心です。これは税方式(税財源方式)で原則無料の医療保障制度ですが一部薬剤費等の利用者負担がありま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました