【ドイツの福祉政策の歴史】始まりはエルバーフェルト制度、ヤヌシュ・コルチャックの人生に涙

社会福祉士の勉強はたいへんですが、その中でヤヌシュ・コルチャックという人物を知れたことは幸せなこと。

「勉強しててよかったなぁ」と思うことでしょう。

スポンサーリンク

1852年 エルバーフェルト制度

当時、ドイツのエルバーフェルト市では、市域を区分してボランティアの委員を配置し、貧困者への訪問調査や相談を行いました。

このエルバーフェルト制度はその後、ドイツ各地に普及していきました。

日本の民生委員制度の原型となった済世顧問制度方面委員制度は、このエルバーフェルト制度を参考に制定されています。

日本でも戦前にこのような民生委員制度の原型ができたように、ドイツでも福祉の始まりは民生委員制度の見本となったエルバーフェルト制度だったわけです。

イギリスでもCOSによる友愛訪問という同じような慈善事業がありましたね。

このように、居宅を訪問して相談に乗るという活動が福祉の始まりになっており、その大元がドイツのエルバーフェルト制度なのです。

1883年 疾病保険法

 ビスマルク政権によって制定された疾病保険法は、世界初の社会保険制度でした。

病気で働けない者に対して無料の治療と疾病手当てを支給しました。

1884年 災害保険法

世界初の労災保険でした。

ドイツの社会保障制度は進んでいますね。現在でも介護保険制度の先駆けです。

1889年 老齢・疾病保険法

70歳以上の労働者に老齢年金、労働能力を喪失した者に対する廃疾年金を支給する制度でした。

1919年 ワイマール共和国 建国

第一次世界大戦敗戦によりドイツ帝国が崩壊し、ワイマール共和国ができました。

当時、最も民主的と言われたワイマール憲法を持つ共和制国家でした。

1929年 世界恐慌

アメリカの「暗黒の木曜日」に端を発した世界恐慌によってドイツでも大量失業やハイパーインフレが深刻化しました。

これによって共和国政府に対する国民の不満が溜まっていきます。

1933年 ワイマール共和国 崩壊 

共和国政府への不満はナチ党のヒトラーを台頭させ、ワイマール共和国は事実上崩壊しました。

その後、ドイツのポーランド侵攻によりヨーロッパで第二次世界大戦が勃発し、ユダヤ人に対する迫害が過激化していきます。

この時代に生きたユダヤ系ポーランド人のコルチャック氏を紹介します。
この人は世界の児童福祉の父とでもいうべき人です。

ヤヌシュ・コルチャック

ユダヤ系ポーランド人のコルチャックは医者であり、執筆活動も行いながら、その収入を多くの孤児たちの支援に充てました。

ユダヤ人孤児のための孤児院を設立し院長の座に就いた彼は、ナチスの迫害に合い、孤児院の子どもたち200人とともにナチスの強制収容所に送られることになります。

コルチャックは作家として有名で影響力もあったので、各国ユダヤ人の実力者から再三救いの手が伸びて迫害から逃れることができたのに、彼は子供たちと運命を共にすることを選んだのです。

コルチャックが孤児たちと強制収容所に送られる時、「あなたは残ってよい」と告げられましたが、「私は子どもたちの父親です」と拒否しました。

彼は、子供たちが心配しないようにと、共に強制収容所へ行くことを選び、子供たちも怖がらずコルチャックについていきました。

強制収容所に送られる時、コルチャックと200人の子供たちは孤児院の旗を掲げて歌を歌いながら行進しました。

ヤヌシュ・コルチャック先生と子供たちの行進

強制収容所では、自身の死を覚悟しながらも子供たちを支え続け、最後は子供たちとガス室で最後を迎えました。

Wikipediaには「子供たちは全員銃殺され、コルチャックはその銃殺を最後まで見届けることを強要された後、最後に自身も銃殺された」と書かれています。

文献によって諸説あります。

彼が最も守りたかった子どもたちを目の前で殺され、その絶望の中で自身も殺されなければならなかった、その時の彼の心情を思うと胸が張り裂けそうになります。

「明るい学校をつくり、子どもたちから慕われる優しい先生になる」という彼の夢は道半ばで打ち砕かれ、戦争に翻弄された一生でした。

しかし彼によって多くの子どもたちが救われたことは、想像に難くありません。

彼の残した言葉、

子どもは尊重され、信頼するに値し、友人としての関係に値するということだ。
そして、優しい感性と陽気な笑い、純真で明るく、愛嬌ある喜びを、私たちは彼らと共にすることが出来るということ。
この仕事は実りある、生き生きとした美しい仕事である。

このような彼の考え方は、1989年に国連で採択された児童権利条約の理念になっています。

児童権利条約では、初めて児童の能動的権利が謳われましたね。
子どもは、「自由に意見を表明する権利」など能動的権利の主体であることが規定されています。

貧しい子どもたちのために命を捧げたヤヌシュ・コルチャック氏を忘れないでください。

映画化されている上のパッケージ写真を見ると、彼の人柄が滲んでいますね。

過去問

第32回 問題137

次のうち、子どもの権利に関する先駆的な思想を持ち、児童の権利に関する条約の精神に多大な影響を与えたといわれ、第二次世界大戦下ナチスドイツによる強制収容所で子どもたちと死を共にしたとされる人物として、正しいものを1つ選びなさい。
1 ヤヌシュ・コルチャック
2 トーマス・ジョン・バーナード
3 セオドア・ルーズベルト
4 エレン・ケイ
5 ロバート・オーウェン

正解は選択肢1ですね。コルチャック氏を忘れないで。

第29回 問題138

「児童の権利に関する条約」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 第一回ホワイトハウス会議で採択された。
2 日本政府は、この条約を批准するための検討を進めている。
3 児童の権利を、能動的権利と受動的権利に関する節に分けて規定している。
4 「児童とは、20歳未満のすべての者をいう」と規定している。
5 「自由に自己の意見を表明する権利の確保」について規定している。

これは選択肢5が正解ですね。コルチャックの理念が反映されています。

第30回 問題138

児童が「自由に自己の意見を表明する権利を確保する」と明記しているものとして、正しいものを1つ選びなさい。
1 児童福祉法
2 児童の権利に関する条約
3 児童虐待の防止等に関する法律
4 児童権利宣言
5 児童憲章

これは選択肢2が正解ですね。このコルチャックの理念が反映されたのは「児童権利条約(児童の権利に関する条約)」です。

第31回 問題94

日本のソーシャルワークの発展に寄与した人物に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
2 竹内愛二は、著書『社會事業と方面委員制度』において、ドイツのエルバーフェルト制度を基に方面委員制度を考案した。

間違いです。竹内愛二ではなく小河滋次郎です。大阪府知事の林市蔵とともに方面委員制度を作りました。

第26回 問題33

地域福祉の発展過程に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
5 民間の篤志家が個別的援助と社会測量を行う方面委員制度は、小河滋次郎がドイツのエルバーフェルト制度を参考に考案した制度とされている。

正しいです。

次の記事

ドイツの歴史を見てきましたので、イギリスの歴史も。

【イギリスの福祉政策の歴史】エリザベス救貧法から新救貧法へ
イギリスは最も早くから福祉政策が実施されてきたことからも国家試験では頻出です。 イギリスの福祉政策の変遷を、その意味をとらえながら覚えていきましょう。1601年 エリザベス救貧法このころはまだ産業革命以前ですが、貧...

コメント

タイトルとURLをコピーしました