相談援助過程

相談援助過程 ソーシャルワークの展開
スポンサーリンク

相談援助の流れ

相談援助過程は以下のように流れていきます。

①アウトリーチ(ニーズの発見、掘り起し)
②インテーク(受理面接)
③アセスメント(事前評価)
④プランニング(個別援助計画の立案、作成)
⑤インターベンション(介入)
⑥モニタリング(経過観察)
⑦エバリュエーション(再アセスメント、事後評価)
⑧ターミネーション(終結)
⑨フォローアップ、アフターフォロー(終結後の支援)

①アウトリーチ

アウトリーチというのは英語で「手を伸ばすこと」です。

福祉サービスの必要としている人に手を伸ばして(自宅を訪問するとか)、必要な福祉サービスを受けられるようにすることです。

アウトリーチは、その段階で福祉サービスが必要な人という目星がついていますが、実はその前の段階として「スクリーニング」があります。

これは福祉サービスが必要かどうか見極めることです。

②インテーク

アウトリーチで手を指し伸ばしたら次は入り口の面接です。

クライエントの主訴を把握し、ソーシャルワーカーが所属する機関の機能について説明したりします。

③アセスメント

ここではクライエントの情報を集め、事前評価を行います。

どのような障害を持っているか、家族や取り巻く環境はどうか、経済状況はどうか等の情報から、評価していきます。

アセスメントには様々なツールが用いられますので以下の記事も参照してください。

アセスメントツール
アセスメントの基礎情報には、本人の家族構成などの図がありますね。そのような家系図はジェノグラムといいます。このようなアセスメントツールの専門用語を覚えていきましょう。ジェノグラム3世代以上の家族状況を図式化...

④プランニング

アセスメントで評価ができたら、次はプランニングとして支援計画を立てていきます。

障害福祉分野では個別支援計画の作成が義務付けられていますね。

⑤インターベンション

ここではじめて支援が開始されます。

インターベンションは介入という意味です。

⑥モニタリング

モニタリングはインターベンション中に行われ、実際の支援がうまくいっているかを振り返ります。

モニタリングによって個別支援計画を改定したりして軌道修正していきます。

⑦エバリュエーション

エバリュエーションは事後評価という意味です。

プランニングからインターベンション、モニタリングの一連の支援が終了して、事後評価を行います。

⑧ターミネーション

ターミネーションは終結という意味です。

支援の終わりです。

アーノルドシュワルツェネッガーが演じていた「ターミネーター」という映画がありましたが、これは「終わらせる者」という意味です。

⑨フォローアップ

支援終了後のアフターフォローのことです。

まとめ

カタカナ語の意味さえわかれば難しくないと思いますが、間違いやすいのはインターベンションくらいでしょうか。

基本的には①から順番に実施されますが、モニタリングに関してはインターベンション(介入)中に実施されることに注意です。

さらに、アウトリーチ以前の段階として、支援が必要かどうかを判断する「スクリーニング」が行われることも覚えておきましょう。

専門用語

ラポール:フランス語の「橋をかける」という意味から、「心と心が繋がっている状態」「相手と親密な関係を築くこと」「信頼関係を構築すること」を意味します

アタッチメント:「愛着」「くっつく」という意味で、愛着障害のことをアタッチメント障害といったりします。親子間の愛着や、クライエントが支援者に依存している状態を表す用語です。

逆転移:クライエントが支援者に対して向ける感情や考えを精神分析では転移と言います。逆に支援者がクライエントに向ける感情を逆転移と言います

過去問

第32回 問題103

相談援助の過程に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 プランニングとは、人と環境の相互作用の枠組みで情報収集及び分析を行う段階である。
2 エバリュエーションとは、ソーシャルワーカーとクライエントが出会い、信頼関係を構築する段階である。
3 コーピングとは、実施されているサービスが適切に提供されているか事実確認を行う段階である。
4 インテークとは、支援の成果を評価し、その状況によっては終結へと進む段階である。
5 インターベンションとは、援助計画に沿って支援を実施していく段階である。

1 プランニングとは、人と環境の相互作用の枠組みで情報収集及び分析を行う段階である。
これはアセスメントの内容です。

2 エバリュエーションとは、ソーシャルワーカーとクライエントが出会い、信頼関係を構築する段階である。
これはインテークの内容です。

3 コーピングとは、実施されているサービスが適切に提供されているか事実確認を行う段階である。
コーピングはストレスへの対処のことなので違います。

4 インテークとは、支援の成果を評価し、その状況によっては終結へと進む段階である。
インテークは入り口の受理面接の段階ですので違います。

5 インターベンションとは、援助計画に沿って支援を実施していく段階である。
これが正解です。

第30回 問題104

相談援助の過程におけるインテーク段階に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 クライエントの主訴を把握し、ソーシャルワーカーが所属する機関の機能について説明する。
2 クライエントの支援計画の策定のために、具体的なサービスを検討する。
3 クライエントの生活全般にわたり支援の効果を評価し、支援経過を確認する。
4 クライエントとその環境全般にわたる多様な情報を収集し、支援計画を作成する。
5 クライエントと共に支援の成果について話し合い、今後の生活目標を設定する。

正解は選択肢1です。

第29回 問題105

ソーシャルワークの援助過程におけるモニタリングに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 プランニングの前に実施される。
2 インターベンションが行われている間に実施される。
3 契約の前に実施される。
4 インテークの途中で実施される。
5 援助終結後に実施される。

正解は選択肢2です。

第31回 問題110

アウトリーチに関する次の記述のうち、適切なものを2つ選びなさい。
1 支援を求めて相談室を訪れるクライエントを対象とする。
2 相談援助過程の援助開始時だけではなく、援助が始まった後も有効である。
3 慈善組織協会(COS)の友愛訪問員活動に起源を持つ。
4 所属機関のバックアップを必要としない対応方法である。
5 地域住民とのつながりの構築は不要である。

選択肢2、選択肢3が正しいです。

第29回 問題110

地域包括支援センターのD社会福祉士は、民生委員からEさん(75歳、女性)のことで相談を受けた。Eさんは、何とか自立して一人暮らしをしていたが、ここ数日、Eさんの姿が見えないと隣人が民生委員に知らせてきた。そこで、D社会福祉士は民生委員と共にEさん宅を訪れると、Eさんに会うことができた。
次のうち、D社会福祉士がこの場面で最初に行うこととして、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 アセスメント
2 プランニング
3 スクリーニング
4 モニタリング
5 コンサルテーション

まだ支援に値するか分からないので、スクリーニングの段階です。
選択肢3が正解です。

第32回 問題117

ソーシャルワークにおける援助関係に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 ラポールとは、被援助者に代わって援助者が意思決定することを表す。
2 パートナーシップとは、援助者と被援助者が共に課題に取り組む関係性を表す。
3 逆転移とは、被援助者が自己の感情を援助者に向けることを表す。
4 パターナリズムとは、援助者と被援助者間の情動的な絆を表す。
5 アタッチメントとは、被援助者が援助者から自立している状態を表す。

1 ラポールとは、被援助者に代わって援助者が意思決定することを表す。
間違いです。
ラポールとは、信頼関係を構築することです。

2 パートナーシップとは、援助者と被援助者が共に課題に取り組む関係性を表す。
これが正解です。

3 逆転移とは、被援助者が自己の感情を援助者に向けることを表す。
逆転移は援助者が被援助者に自己の感情を向けることです。
普通は被援助者が援助者に自己の感情を向けるのが自然なので、その「逆」です。

4 パターナリズムとは、援助者と被援助者間の情動的な絆を表す。
パターナリズムの語感から、これは間違いです。

5 アタッチメントとは、被援助者が援助者から自立している状態を表す。
アタッチメントはくっついている状態のことなので、自立している状態とは真逆です。

バイステック7原則と面接技法
相談援助を行う上での原則を示したバイステックの7原則を学びましょう。 アメリカの社会福祉学者のバイステックが提唱しました。バイステックの7原則個別化の原則 クライエントの抱える課題は、それぞれに異なり、似たようなも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました