【ソーシャルワークの三大技術】ケースワーク、グループワーク、コミュニティワーク

ソーシャルワーク、ケースワーク、グループワーク、コミュニティワーク、コミュニティソーシャルワーク、いろいろあってややこしいですね。

まとめましょう。

ソーシャルワークの分類
スポンサーリンク

ソーシャルワークの分類

ソーシャルワーク(社会福祉援助技術)には、その援助方法によって以下の3種類に分けられます。

・直接援助技術
・間接援助技術
・関連援助技術

直接援助技術

クライエントに対して直接援助する直接援助技術は以下の2種類です。

・ケースワーク(個別援助技術)
・グループワーク(集団援助技術)

ケースワークはクライエント個人に対して援助する手法です。「ケースワークの母」と呼ばれるM.リッチモンドが、ケースワークの専門化に取り組みました。

グループワークは特定の集団に対して援助する手法です。「グループワークの母」と呼ばれるG.コイルがセツルメントやYMCAの活動を基に体系化しました。

間接援助技術

間接的に援助する間接援助技術には以下の形があります。

コミュニティワーク(地域援助技術)
・ソーシャルアドミニストレーション(社会福祉運営法)
・ソーシャルプランニング(社会福祉計画法)
・ソーシャルワークリサーチ(社会福祉調査法)
ソーシャルアクション(社会活動法)

関連援助技術

直接援助でも間接援助でもないけど、遠回りに援助に貢献する手法として関連援助技術があります。

・ケアマネジメント
・カウンセリング
・ネットワーキング
スーパービジョン
・コンサルテーション

ソーシャルワークの三大技術

上で見てきたソーシャルワークの直接援助技術と間接援助技術、その中には以下の3大技術がありました。

このうち、コミュニティワークだけは間接援助技術です。

<ソーシャルワークの3大技術>
・ケースワーク
・グループワーク
・コミュニティワーク
ソーシャルワークの3大技術タイプ源流
ケースワーク直接援助技術慈善組織協会COS
グループワーク直接援助技術セツルメント、YMCA
コミュニティワーク間接援助技術コミュニティオーガニゼーション

コミュニティワークはコミュニティオーガニゼーションが源流になっていることから分かるように「間接援助技術」です。つまりケースワークやグループワークのように被援助者に直接援助するわけではなく、コミュニティという環境に働きかけ間接的に援助する手法です。

コミュニティオーガニゼーションは、地域を組織化する活動でしたね。被援助者に直接働きかける援助方法ではありません。

注意すべきは、「コミュニティソーシャルワーク」です。これはコミュニティワークとは違って「直接援助技術」です。

「コミュニティソーシャルワーク」が謳われたバークレイ報告を思い出してください。

日本のドラマ「サイレント・プア」で深田恭子さんが演じたのは「コミュニティソーシャルワーカー」でした。

これは地域で課題を抱える人に直接支援する直接援助技術ですね。

次の記事

次は、アセスメントツールについてです。

【アセスメントツール】ジェノグラム、ソシオグラム、エコマップ(エゴグラムとは違う)
ジェノグラム、ソシオグラム、エコマップは3つしっかり区別して覚えましょう。意味を知っているだけで点数になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました