「年数」でまとめる福祉

社会福祉士国家試験で覚えるべき内容を、年数でまとめます。

スポンサーリンク

給付関連

5年毎:生活保護基準の改定
2年毎:診療報酬の改定
3年毎:介護報酬の改定

生活保護基準は「5年ごと」に改定されますが、その基準をもとに毎年支給額が変更されたりしていますので、中央法規の過去問解説には、「毎年」と誤った解答が掲載されていました。

中央法規過去問解説ミス

ついでに、それぞれ誰が定めるのか確認しておきましょう。

全て「厚生労働大臣」が決定します。

中医協や社会保障審議会が決めるのではありません。

<決定者>
生活保護基準:厚生労働大臣
診療報酬:中医協に諮問して厚生労働大臣
介護報酬:社会保障審議会に諮問して厚生労働大臣

福祉計画

3年毎:介護保険事業計画、障害福祉計画
5年毎:こども子育て支援事業計画
6年毎:医療計画、医療費適正化計画

介護保険事業計画と老人福祉計画は一体として策定しなければなりませんので、どちらも実質3年ごとの策定義務になります。
5年ごとの策定義務は子ども・子育て支援事業計画だけです。

任期

2年:保護司の任期
3年:民生委員の任期

保護司も民生委員も無給のボランティアでしたね。
保護司は法務大臣の委嘱、民生委員は厚生労働大臣による委嘱で決まります。

事業所指定

介護保険サービスの事業指定について

5年:指定取消から再指定可能になるまで
6年:指定更新

介護保険サービス事業者は市町村から指定を受けてサービスの提供ができるようになりますが、指定は6年ごとに更新が必要です。これは障害福祉サービス事業者でも同じです。
もし不正などの理由で指定取消を受けた場合、5年間は再指定されません。

まとめ

年数給付計画任期その他
毎年    
2年診療報酬 保護司ケアマネの記録保存
3年介護報酬介護保険事業計画
障害福祉計画
民生委員第三者評価受診義務(児童養護施設、乳児院など)
4年    
5年生活保護基準子ども子育て支援事業計画 指定取消から再指定可能となるまで(介護保険)
6年 医療計画 指定更新(介護保険、障害福祉)

次の記事

これで約半分の記事が終了しました。

次からは、イギリスの福祉に入っていきます。

【イギリスの福祉政策の歴史】エリザベス救貧法から新救貧法へ
イギリスは最も早くから福祉政策が実施されてきたことからも国家試験では頻出です。 イギリスの福祉政策の変遷を、その意味をとらえながら覚えていきましょう。1601年 エリザベス救貧法このころはまだ産業革命以前ですが、貧...
まとめ記事
スポンサーリンク
カリスマ社会福祉士をフォローする
スポンサーリンク
社会福祉士国試 3カ月で合格できる覚え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました