「福祉の人物」まとめ

福祉の人物はとにかく覚えるのが大変。

その人の人生を伝記などで学ぶのが一番記憶に残りやすいのですが、それではいくら時間があっても足りません。

ノーマライゼーション3人衆、児童福祉6人衆、地域福祉9人衆など、カテゴリー分けしてできるかぎり覚えやすくしてみました。

スポンサーリンク

福祉の父と母(海外編)

肩書き人物名
「ケースワークの母」M.リッチモンド
「グループワークの母」G.コイル
「ノーマライゼーションの父」N.E.バンクミケルセン

ケースワークの源流となったCOSで有名なメアリー・リッチモンドは頻出ですので、よく学んでおいてください。

ケースワークはリッチモンド以外にも、日本のケースワーク3人衆も知っておきましょう(下に出てきます)。

グループワークの母はコイルですが、グループワーク6人衆も知っておきましょう(下に出てきます)。

ノーマライゼーションについては、バンクミケルセンだけでなくノーマライゼーション3人衆も覚えておきましょう(下に出てきます)。

福祉の父と母(日本編)

肩書き人物名
「児童福祉の父」石井十次
「知的障害者教育・福祉の父」石井亮一
「障害福祉の父」「社会福祉の父」糸賀一雄

石井十次は日本で初めての孤児院である岡山孤児院を設立し、1,000人以上の孤児を収容していたことで有名です。無制限に受け入れる「無制限主義」がキーワードです。

石井亮一は「知的障害者教育・福祉の父」と呼ばれ、日本初の障害者施設「滝乃川学園」を創設した人です。

カリスマ社会福祉士
カリスマ社会福祉士

障害福祉の世界で働く私にとっては、神。

糸賀一雄は戦後すぐ戦災孤児を収容し知的障害児の教育を行う「近江学園」を創設した人で、「障害児福祉の父」と呼びたいところですが、「障害(者)福祉の父」とか「社会福祉の父」と呼ばれています。糸賀一雄の有名なセリフ「この子らを世の光に」も覚えておきましょう。

この3名は「児童福祉6人衆」に仲間入りです。3名とも貧しい子どものために人生を捧げた人たちです。

岡山4聖人

福祉の偉人には、岡山出身の人が多いです。

人物名設立キーワード肩書き
石井十次岡山孤児院無制限主義児童福祉の父
留岡幸助家庭学校  
アリス・ペティ・アダムス岡山博愛会日本初のセツルメント 
山室軍平  日本人初の救世軍士官(牧師)

岡山4聖人と呼ばれるこの4人以外にも、民生委員制度のはじまりとされる済世顧問制度も岡山県知事の笠井信一が始めましたね。岡山ばかりです。

石井十次と留岡幸助は次の児童福祉6人衆で出てきます。

アリス・ペティ・アダムスは日本初のセツルメントである「岡山博愛会」を設立した人です。

山室軍平は「救世軍」の士官で、救世軍というと軍隊のように思えますが、違います。

救世軍は社会福祉や教育、医療などの支援を行うキリスト教の団体で、軍隊式の組織編制になっているので「軍」と呼んでいるだけです。

【日本の戦前福祉】救貧政策と民生委員制度の歴史
戦前福祉のポイントは、救貧政策と民生委員制度の変遷です。日本初の救貧政策である恤救規則はごくわずかな人たちしか救済されませんでしたが、その後の「米騒動」は福祉のターニングポイントとなり、政府は一転して積極的に救貧・防貧政策を行い、恤救規則→救護法→旧生活保護法へと続いていきます。並行して民生委員制度の原型である済世顧問制度→方面委員制度→民生委員制度の流れも押さえましょう。

児童福祉6人衆

人物名設立肩書き
石井十次岡山孤児院児童福祉の父
石井亮一滝乃川学園知的障害児教育の父
留岡幸助家庭学校(東京・北海道) 
野口幽香二葉幼稚園 
糸賀一雄近江学園、びわこ学園障害福祉の父、社会福祉の父
高木憲次肢体不自由児療育事業 

石井十次と石井亮一はよくでてくるね。

石井十次と留岡幸助は岡山4聖人でもあります。
「障害(者)福祉の父」と呼ばれた糸賀一雄も出てきました。
彼が設立した近江学園は知的障害児の教育施設、びわこ学園は重症心身障害児施設なので児童福祉6人衆に仲間入りです。
【児童福祉の歴史】能動的権利はいつから?
児童に関する福祉関係の法律は、障害者や高齢者に比べて戦前から少しずつ整備されてきました。子どもは守るべき存在であることは誰からも共感される摂理であったからでしょう。児童虐待防止法などは戦前の1933年にできています。...

地域福祉9人衆

人物名キーワードなど内容
岡村重夫地域住民の主体的参加 
社会関係の主体的側面個人側から見て社会制度に対する主体的側面
援助技術論「社会との関係や環境」に着目しその環境との不均衡を調整して適応することが重要
コミュニティケア地域福祉の構成要素:「コミュニティケア」「一般組織化活動と福祉組織化活動」「予防的社会福祉」
永田幹夫在宅福祉サービス地域福祉の構成要素:「在宅福祉サービス」「環境改善サービス」「組織活動」
孝橋正一政策論社会政策:資本主義の基本問題である社会問題を対象
社会事業:社会問題への対策が社会政策で出来ない場合の代替
三浦文夫貨幣的ニード、非貨幣的ニード 
供給体制論社会福祉の供給組織を、行政型供給組織、認可型供給組織、市場型供給組織、参加型供給組織に区分
右田紀久惠地域住民の主体的参加 
自治型地域福祉個人の主体性と内発性を要件とした地方自治体モデル
一番ケ瀬康子運動論(新政策論)社会福祉運動の役割を重視
真田是運動論(新政策論)社会福祉運動の役割を重視
福祉労働社会福祉の問題を「対象」と「政策主体」と「運動」の三元的な力動関係で捉える
大河内一男社会政策
社会事業
社会政策:「経済秩序内的存在」である労働者を対象
社会事業:「経済秩序外的存在」である貧困者を対象
大橋謙策コミュニティソーシャルワーク地域生活での課題を抱える個人や家族への個別支援と、生活環境の整備や住民の組織化等の地域支援を総合的に展開

岡村重夫が受験生に嫌われるのは、キーワードが特に多いからですね。

覚えても覚えても知らない内容が試験に出題されます。

岡村重夫は、地域福祉の構成要素として、「コミュニティケア」、「地域組織化活動」、「予防的社会福祉」を提言しました。

永田幹夫は、地域福祉の構成要素として、「在宅福祉サービス」、「環境改善サービス」、「組織活動」を提言しました。

在宅福祉サービスは、1990年の福祉八法改正の時に第二種社会福祉事業に規定されました。

カリスマ社会福祉士
カリスマ社会福祉士

私は、地域福祉に重要なのは「在宅福祉サービス」だと思っているので、永田幹夫派!

在宅福祉サービスは、デイサービス、ショートステイ、ホームヘルプが3本柱です。居宅サービスとも呼ばれ、自宅に住みながら受ける福祉サービスです。

地域福祉の人物に関しては特徴がなく覚えにくいですが、以下の記事はできる限りわかりやすくまとめていますので、超オススメです。

【社会福祉・地域福祉】岡村重夫(岡村理論)の覚え方
岡村重夫の理論は特徴がないため覚えにくくて受験生を苦しめます。この記事では岡村重夫を覚えるためのキーワードを伝授します。その他、永田幹夫、孝橋正一、三浦文夫、右田紀久惠、一番ケ瀬康子、真田是、大河内一男、大橋謙策の覚え方も。

日本のケースワーク3人衆と著書

ケースワークの母はM.リッチモンドでしたが、日本でのケースワークといえばこの3名です。

人物名著書
竹内愛二ケースウォークの理論と実際
三好豊太郎ケースウォークとその人事相談事業
仲村優一公的扶助とケースワーク

竹内愛二は、日本で始めてアメリカのケースワークを導入した、第一人者です。

仲村優一は「岸・仲村論争」の仲村として、「公的扶助とケースワーク」の中で、公的扶助の手段としてケースワークを考えることができるとしています。一方で、仲村に真っ向から反対した岸勇は、公的扶助とケースワークは分離すべきと唱えました。

カリスマ社会福祉士
カリスマ社会福祉士

仲村優一は、2015年のカリスマ社会福祉士の誕生日に亡くなったのだ。ほんとに。

以下の記事では、福祉年表を用いて時代背景を確認しています。

竹内愛二の「ケースウォークの理論と実際」は第二次大戦まっしぐらだったので受け入れられず、「岸・仲村論争」は戦後しばらくしてからの出来事です。

【日本のケースワークの発展】三好豊太郎、竹内愛二、仲村優一
リッチモンドがケースワークを専門化して以降、日本でもケースワークの発展が見られます。1924年「ケースウォークとしての人事相談事業」三好豊太郎<リッチモンドの著書>1917年「社会診断」1922年「ソーシャルケースワークとは...

ノーマライゼーション3人衆

ノーマライゼーション3人衆は全て覚えましょう。

人物名キーワード
バンク・ミケルセンノーマライゼーションの父
ベンクト・二イリエノーマライゼーション8つの原理
ヴォルフェンスベルガーソーシャルロールバロリゼーション

そーしゃるろーるばろり・・・。むずかしい。

ソーシャルロールは「社会的役割」のこと。バロリゼーションは「バリュー(価値)を与える」ということ。つまり、障害のある人にも価値ある社会的役割を与えましょうという考え方です。

ノーマライゼーション
ノーマライゼーションって変な名前って思いませんでした?単語の原型が分からないと意味が想像できませんね。教えましょう。

グループワーク6人衆

グループワーク6人衆は人物とキーワードを対比させて覚えましょう。

人物名キーワード
G.コイルグループワークの母
G.コノプカ治療教育的​グループワーク、グループワークの14原則
R.D.ヴィンタ―治療モデル
W.シュワルツ相互作用モデル
W.ニューステッタ―インターグループワーク
永井三郎「グループワーク小團指導入門」著
G.コイルは「グループワークの母」でした。
G.コノプカは、グループワークの14の原則を示し、収容施設入所者、非行少年、情緒障害児に対する「治療教育的​グループワーク」を開拓しました。
W.ニューステッタ―は、地域社会を構成するグループの代表者同士が集まってグループ間の意見調整するのがよいとする「インターグループワーク」を提唱しています。

このようなキーワードがあると覚えやすいですね。
逆に、地域福祉9人衆はキーワードがないので覚えにくいです。

【グループワーク】「波長合わせ」の意味を誤解するな
グループワークでは「波長合わせ」の意味を勘違いしてはいけません。間違いやすいため国家試験に頻出です。

貧困理論9人衆

貧困理論はできれば以下の9人全員覚えたいです。

人物名キーワード
ブース貧困調査@ロンドン
ラウントリー貧困調査@ヨーク「絶対的貧困」
タウンゼント「相対的貧困」「相対的剥奪」
セン「潜在能力(ケイパビリティ)」の欠如が貧困
ルイス「貧困の文化」
ポーガム「社会的降格」
スピッカー「貧困の家族的類似」
リスター「貧困の車輪モデル」
ピケティ「21世紀の資本」著
ブースとラウントリーの貧困調査はイギリスの歴史の中で覚えましょう。
ラウントリーの「絶対的貧困」、タウンゼントの「相対的貧困」、そして、センの潜在能力に着目した「ケイパビリティアプローチ」へ。
ルイスの「貧困の文化」、スピッカーの「貧困の家族的類似」、そしてスピッカーの理論を車輪に見立てたリスターの「車輪モデル」へと続きます。
車輪の中心にあるのは、「容認できない困難」(スピッカー)、「物質的欠乏」(リスター)。車輪の周囲には「物質的状態・社会的地位・経済的境遇」(スピッカー)、「非物質的欠乏」(リスター)という対応です。
トマ・ピケティは「21世紀の資本」(2013年)で、資本主義社会では経済格差が広がる一方であることを示しましたね。ベストセラーになりました。
 
【貧困理論】絶対的貧困→相対的貧困→新しい貧困
貧困問題を考察してきた人たちを紹介します。それぞれ関連させて覚えましょう。ブース会社経営をしていたブースは裕福だったので、そのお金を使って個人でロンドン市内の貧困調査を実施します。その結果なんと30%もの人が貧困...

社会的行為5人衆

社会的行為といえばウェーバーが提唱した4つの社会的行為です。

・感情的行為
・価値合理的行為
・目的合理的行為
・伝統的行為

それ以外にもさまざまな人が社会的行為論を展開しています。

人物名キーワード
ウェーバー「感情的行為」「価値合理的行為」「目的合理的行為」「伝統的行為」
ハバーマス「戦略的行為」「コミュニケーション的行為」
パーソンズ「主意主義的行為論」
ブルデュー「ハビトゥス論」
ゴッフマン「演劇論的行為(ドラマツルギー)」
【社会的行為】ウェーバー、ハバーマス、パーソンズ、ゴッフマン、ブルデュー
ここではまず、「行動」と「行為」の違いについて理解し、ウェーバーの提唱した4つの「社会的行為」について学びましょう。余裕があれば、ハバーマス、パーソンズ、ゴッフマン、ブルデューについても知っておきましょう。ちょっと難しいで...

動機付け理論7人衆

マズローを筆頭に、動機付け理論を唱えた7人の侍です。

1930年代にスキナーの「オペラント条件づけ」、その後1950年代に広く研究が行われ、マズローの「欲求階層説」マクレガーの「X理論・Y理論」ハーズバーグの「動機づけ・衛生理論」の3つを古典的理論として、マクレランドの「欲求理論」ロックの「目標設定理論」ブルームの「期待理論」などが発展してきました。

マズローマクレランドハーズバーグマグレガーデシ
自己実現の欲求達成欲求動機づけ要因Y理論内発的動機づけ
自尊と承認の欲求権力欲求X理論外発的動機づけ
所属と愛の欲求親和欲求衛生要因
安全と安定の欲求回避欲求
生理的欲求

次の記事

次は、いよいよ最後の総仕上げです。

これまでの全記事で出てきた重要な単語の復習です。

【社会福祉士国家試験】頻出単語帳
社会福祉士国家試験に頻出のワードを集めました。その単語の意味を知っているだけで得点になる、そんなワードばかり集めたので、1つ1つ理解しているか確認してください。相談援助用語ラポール信頼関係(フランス語で「架け橋」)...

コメント

タイトルとURLをコピーしました