「福祉の人物」まとめ

人物まとめ まとめ記事
スポンサーリンク

人物を覚えるのは難しいです。

その人の人生を伝記などで学ぶのが一番記憶に残りやすいのですが、それではいくら時間があっても足りません。

いろんな切り口で、まとめて体系的に覚えていきましょう。

その上で、重要な人物については簡単なエピソードなども知っておくと記憶しやすいと思います。

福祉の父と母(海外編)

・「ケースワークの母」リッチモンド
・「グループワークの母」コイル
・「ノーマライゼーションの父」バンクミケルセン

メアリーリッチモンドは頻出ですので、よくよく学んでおいてください。
グループワークの母はコイルですが、日本のグループワークといえば、永井三郎くらいでしょうか。
ノーマライゼーションについては、バンクミケルセンだけでなく、以下の3名まとめて覚えましょう。

<ノーマライゼーション>
バンク・ミケルセン「ノーマライゼーションの父」
ベンクト・イリエ「ノーマライゼーション8つの原理」
ヴォルフェンスベルガー「ソーシャルロールバロリゼーション」
ノーマライゼーション
現在では障害者福祉の基本となっているノーマライゼーションの理念は、どのようにして醸成されてきたのでしょうか。ノーマライゼーションに関しては3名の人物を、その歴史的流れと共に押さえましょう。バンク-ミケルセンノーマラ...

福祉の父と母(日本編)

・「児童福祉の父」石井十次
・「知的障害者教育・福祉の父」石井亮一
・「障害者福祉の父」「社会福祉の父」糸賀一雄

石井十次は日本で初めての孤児院である岡山孤児院を設立し1000人以上の孤児を収容していたことで有名です。無制限に受け入れる「無制限主義」がキーワードです。

石井亮一は「知的障害者教育・福祉の父」と呼ばれ、日本初の障害者施設「滝乃川学園」を創設した人です。障害福祉で働く私にとっては神のような存在です。

糸賀一雄は戦後すぐ戦災孤児を収容し知的障害児の教育を行う「近江学園」を創設した人で、「障害児福祉の父」と呼びたいところですが、「障害者福祉の父」とか「社会福祉の父」と呼ばれています。

糸賀一雄の有名なセリフ「この子らを世の光に」も覚えておきましょう。

岡山4聖人

福祉の偉人には、岡山出身の人が多いです。

岡山4聖人と呼ばれる以下の4人以外にも、民生委員制度の前身となる済世顧問制度も岡山県知事の笠井信一が始めました。

・石井十字
・留岡幸助
・アリスペティアダムス
・山室軍平
「日本の戦前福祉の変遷」救貧政策の歴史
日本の戦前からの福祉のはじまりを追っていきます。日本でも世界でも福祉の始まりは救貧政策からです。イギリスでは「エリザベス救貧法」でした。日本では「恤救規則(じゅっきゅうきそく)」が全てのはじまりです。日本の...

児童福祉6人衆

・石井十字
・石井亮一
・留岡幸助
・野口幽香
・糸賀一雄
・高木憲次
石井十字と石井亮一はよくでてきますね。
「児童福祉の歴史」能動的権利はいつから?
児童に関する福祉関係の法律は、障害者や高齢者に比べて戦前から少しずつ整備されてきました。子どもは守るべき存在であることは誰からも共感される摂理であったからでしょう。児童虐待防止法などは戦前の1933年にできています。...

地域福祉5人衆

・岡村重夫
・永田幹夫
・真田是
・右田紀久惠
・三浦文夫 

地域福祉の人物に関しては以下の4名もときどき出題されますが、特徴がなく覚えにくいわりに試験にはあまり出題されないので、余裕があれば勉強する程度で良いと思います。
・一番ケ瀬康子
・孝橋正一
・大河内一夫
・大橋謙策

「地域福祉」岡村重夫の覚え方は、地域住民の主体性
日本のコミュニティ施策の変遷1969年 国民生活審議会調査部会コミュニティ問題小委員会「コミュニティ問題における人間性の回復」高度経済成長による都市化やモータリゼーションによって従来の地域共同体が崩壊していく中で、新しいコ...

日本のケースワーク3人衆と著書

・竹内愛二「ケースウォークの理論と実際」
・三好豊太郎「ケースウォークとその人事相談事業」
・仲村優一「公的扶助とケースワーク」

ケースワークの母はM.リッチモンドでしたが、日本でのケースワークといえばこの3名です。
特に仲村優一は「岸・仲村論争」の仲村として、岸勇が公的扶助とケースワークは分離すべきと唱えたのに対して、仲村は「公的扶助とケースワーク」の中で、公的扶助の手段としてケースワークを考えることができるとしています。

日本でのケースワークの発展
リッチモンドがケースワークを専門化して以降、日本でもケースワークの発展が見られます。1924年「ケースウォークとしての人事相談事業」三好豊太郎<リッチモンドの著書>1917年「社会診断」1922年「ソーシャルケースワ...

グループワーク5人衆

・コノプカ
・ヴィンタ―
・シュワルツ
・ニューステッタ―
・永井三郎
このなかでもニューステッタ―は、地域社会を構成するグループの代表者同士が集まってグループ間の意見調整するのがよいとする「インターグループワーク」を提唱しています。
このようなキーワードがあると覚えやすいですね。
逆に、地域福祉5人衆はキーワードがないので覚えにくいです。
グループワーク
グループワークの源流はセツルメント運動やYMCA運動です。YMCA運動とは、1844年に青少年の精神を改善するという趣旨のもと12人の勤労青年によって生まれた団体です。YMCAでは余暇をレクリエーションやクラブ活動に使うよう指導し...

貧困理論9人衆

・ブース
・ラウントリー
・タウンゼント
・セン
・ルイス
・ポーガム
・スピッカー
・リスター
・ピケティ
ブースとラウントリーの貧困調査はイギリスの歴史の中で覚えましょう。
ラウントリーの「絶対的貧困」、タウンゼントの「相対的貧困」、そして「新しい貧困」の流れを覚えましょう。
キーワードは、
・ラウントリー「絶対的貧困」
・タウンゼント「相対的貧困」「貧困の再発見」
・ルイス「貧困の文化」
・ポーガム「社会的降格」
・リスター「貧困の車輪モデル」
 
貧困理論
貧困問題を考察してきた人たちを紹介します。それぞれ関連させて覚えましょう。ブース会社経営をしていたブースは裕福だったので、そのお金を使って個人でロンドン市内の貧困調査を実施します。その結果なんと30%もの人が貧困...

社会的行為5人衆

・ウェーバー
・ハバーマス
・パーソンズ
・ブルデュー
・ゴッフマン

ウェーバー以外は余裕があればキーワードだけでも覚えましょう。

・ハバーマス「戦略的行為」「コミュニケーション的行為」
・パーソンズ「主意主義的行為論」
・ゴッフマン「演劇論的行為(ドラマツルギー)」
・ブルデュー「ハビトゥス論」

社会的行為
ここではまず、「行動」と「行為」の違いについて理解し、ウェーバーの提唱した4つの「社会的行為」について学びましょう。余裕があれば、ハバーマス、パーソンズ、ゴッフマン、ブルデューについても知っておきましょう。ちょっと難しいで...
まとめ記事
スポンサーリンク
カリスマ社会福祉士をフォローする
スポンサーリンク
社会福祉士国試 3カ月で合格できる覚え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました