貧困理論

貧困理論 すぐ覚えられる各論
スポンサーリンク

貧困問題を考察してきた人たちを紹介します。
それぞれ関連させて覚えましょう。

ブース

会社経営をしていたブースは裕福だったので、そのお金を使って個人でロンドン市内の貧困調査を実施します。

その結果なんと30%もの人が貧困に苦しんでいることがわかり、その原因は、
1.雇用問題(低賃金など)
2.環境要因(病気や家族要因)
3.生活習慣(浪費やアルコール中毒)
と、貧困原因の多くは、個人に原因があるのではなく、社会にあることがわかりました。

この結果は、当時、貧困の原因は個人にあると考えられていたことと真逆の結果であって、驚くべきものでした。

ラウントリー

ブースに続いて、イギリスのヨーク市で貧困調査を行いました。

ラウントリーもチョコレート会社の御曹司だったそうで、お金には余裕があったようです。

調査方法としては全数調査で、マーケットバスケット方式によるものでした。

マーケットバスケット方式:生活を営むために必要な生活必需品やサービスを、例えばパン100g、肉50gなどと設定し、合計から生活費を算出するという、買い物カゴに入れていくような積算方法なのでマーケットバスケット(買い物カゴ)方式と呼ばれています。

ラウントリーは調査結果から、第一次貧困と第二次貧困という貧困線を定義しました。

第一次貧困:肉体を維持するのにギリギリのライン
第一次貧困の原因として、賃金稼得者の死亡や災害・疾病・老齢による労働不能、失業、不規則就業、大家族、低賃金が挙げられています。
第二次貧困:飲酒などの嗜好品や贅沢品を利用しなければ肉体を維持できるライン
第二次貧困の原因として、飲酒や賭博、無知による浪費や支出があり、第一次貧困状態が引き起こしていることも指摘されています。

また、人は人生で3回貧困になるというライフサイクルと貧困の関係を明らかにしました。

「低年齢期」「子育て期」「高齢期」の3回です。

幼少期は貧困の連鎖で、親の経済力に左右され、自分の子どもが生まれると出費が増え、高齢期になると収入が減って貧困に陥るという理由からです。

このようなラウントリーの貧困調査は後のベヴァリッジ報告に影響を与えています。

タウンゼント

ブースやラウントリーの貧困調査によって「絶対的貧困」が明らかになりましたが、タウンゼントは「相対的貧困」「相対的剥奪」を唱えました。

ラウントリーは絶対的貧困、タウンゼントは相対的貧困です。
現在は相対的貧困率(一人当たりの可処分所得の半分に満たない人の割合)が用いられていますね。

1950年代にタウンゼントは豊かな世界に貧困があるという「貧困の再発見」をしました。

相対的剥奪とは人々が社会で通常手に入れられる衣食住や仕事などの物的資源が不足していたり、一般に経験されている教育やレクリエーション、社会活動に参加できないような状態のことです。

一般的に見て普通享受できるはずの物や事が得られない状態、つまり例えば、お金がないために我慢しなければならないこと、自分が回りと比べてできないことなどを「相対的剥奪」としたのです。

そしてこの相対的剥奪を指標として相対的貧困を論じています。

ルイス

ルイスのキーワードは「貧困の文化」です。

人類学者の彼は「貧困者が貧困生活を次の世代に受け継ぐような生活習慣や世界観を伝承している」と考え、これを「貧困の文化」と表現しました。

今でいう「貧困の連鎖」ですね。

ポーガム

「社会的降格」という概念を用いて現代社会の貧困の特徴を整理した人です。

「社会的降格」の概念は、貧困者が自らに対する否定的な認識をもっていることに関係しています。
「社会的降格」のプロセスとして、①脆弱になる、②依存する、③社会的絆が断絶する、の3点を挙げています

スピッカー

「貧困」の多様な意味を、「物質的状態」、「経済的境遇」及び「社会的地位」の三つの群に整理しました。

リスター

リスターは貧困の車輪モデルを提唱しています。

「車輪モデル」は貧困を「物的困難(経済的貧困)」と「非物質的側面(社会関係的・文化象徴的側面)」の両者の連動から把握されることを主張しました。

その連動を表現するために、「物的困難」を内輪、「非物質的側面」を外輪という車輪モデルを提唱したのです。

非物質的側面とは、貧困者への差別や偏見、社会的排除、スティグマなどが該当します。

ピケティ

世界中で所得と富の分配の不平等化が進んでおり、長期的に見ると資本収益率が経済成長率を超えるという傾向があることを示しました。

そしてこれが資産の分布が偏り、資産格差や経済格差を生む原因であり、その是正方法として累進課税の強化を主張しました。

つまり、資産格差は貧困の世代間連鎖をもたらすので、政府による富の再分配を強調しています。

セン

物があるかないかではなく福祉的自由を使えない時を貧困と捉えるケイパビリティアプローチを提唱しました。

過去問

第30回 問題28

貧困に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 ポーガム(Paugam,S.)は、車輪になぞらえて、経済的貧困と関係的・象徴的側面の関係を論じた。
2 タウンゼント(Townsend,P.)は、相対的剥奪指標を用いて相対的貧困を分析した。
3 ピケティ(Piketty,T.)は、資産格差は貧困の世代間連鎖をもたらさないと論じた。
4 ラウントリー(Rowntree,B.S)は、ロンドン市民の貧困調査を通じて「見えない貧困」を発見した。
5 リスター(Lister,R.)は、社会的降格という概念を通して、現代の貧困の特徴を論じた。

1 ポーガム(Paugam,S.)は、車輪になぞらえて、経済的貧困と関係的・象徴的側面の関係を論じた。
ポーガムは「社会的降格」という概念を用いて現代社会の貧困の特徴を整理した人です。
車輪とくればリスターですので、この選択肢は間違いです。

2 タウンゼント(Townsend,P.)は、相対的剥奪指標を用いて相対的貧困を分析した。
これが正解です。
「相対的剥奪」とくればタウンゼントです。

3 ピケティ(Piketty,T.)は、資産格差は貧困の世代間連鎖をもたらさないと論じた。
間違いです。
ピケティは、世界中で所得と富の分配の不平等化が進んでおり、長期的に見ると資本収益率が経済成長率を超えるという傾向があることを示しました。そしてこれが資産の分布が偏り、資産格差や経済格差を生む原因であり、その是正方法として累進課税の強化を主張しました。
つまり、資産格差は貧困の世代間連鎖をもたらすので、政府による富の再分配を強調しています。

4 ラウントリー(Rowntree,B.S)は、ロンドン市民の貧困調査を通じて「見えない貧困」を発見した。
ロンドンの貧困調査を行ったのはブースですので間違いです。
ロンブーで覚えましょう。

5 リスター(Lister,R.)は、社会的降格という概念を通して、現代の貧困の特徴を論じた。
「社会的降格」はポーガムですので間違いです。

第27回 問題22

貧困及びニードのとらえ方に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 タウンゼント(Townsend,P.)は、貧困者には共通した「貧困の文化(culture of poverty)」があることを明らかにした。
2 リスター(Lister,R.)は、「ノーマティブ・ニード」に加えて、「フェルト・ニード」を提案した。
3 ルイス(Lewis,O.)は「相対的剥奪」の概念を精緻化することで、相対的貧困を論じた。
4 ブラッドショー(Bradshaw,J.)は、絶対的貧困・相対的貧困の二分法による論争に終止符を打つことを目指した。
5 スピッカー(Spicker,P.)は、「貧困」の多様な意味を、「物質的状態」、「経済的境遇」及び「社会的地位」の三つの群に整理した。

1 タウンゼント(Townsend,P.)は、貧困者には共通した「貧困の文化(culture of poverty)」があることを明らかにした。
「貧困の文化」とくればオスカー・ルイスですので間違いです。

2 リスター(Lister,R.)は、「ノーマティブ・ニード」に加えて、「フェルト・ニード」を提案した。
これはブラッドショーのニード論ですのでリスターではありません。

3 ルイス(Lewis,O.)は「相対的剥奪」の概念を精緻化することで、相対的貧困を論じた。
「相対的貧困」はタウンゼントですので間違いです。

4 ブラッドショー(Bradshaw,J.)は、絶対的貧困・相対的貧困の二分法による論争に終止符を打つことを目指した。
間違いです。

5 スピッカー(Spicker,P.)は、「貧困」の多様な意味を、「物質的状態」、「経済的境遇」及び「社会的地位」の三つの群に整理した。
これが正解です。

第29回 問題25

ラウントリー(Rowntree,B.S)が実施したヨーク調査に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 貧困は怠惰や努力不足の結果であるため、自己責任として放置すべきであるという貧困観を補強する資料となった。
2 貧困の分析に相対的剥奪の概念を用いた。
3 貧困により社会に参加できなくなる過程を社会的排除として概念化した。
4 結婚前の20歳代前半層に貧困が集中することを発見した。
5 最低生活費を基準として貧困を科学的に計測する方法を生み出した。

1 貧困は怠惰や努力不足の結果であるため、自己責任として放置すべきであるという貧困観を補強する資料となった。
間違いです。
ラウントリーの貧困調査で、貧困の原因は個人の努力不足ではなく社会環境にあることがわかりました。

2 貧困の分析に相対的剥奪の概念を用いた。
「相対的剥奪」はタウンゼントですので間違いです。

3 貧困により社会に参加できなくなる過程を社会的排除として概念化した。
これはラウントリーではなく、概念化したのはEUですので間違いです。

4 結婚前の20歳代前半層に貧困が集中することを発見した。
ラウントリーの調査で人生において「低年齢期」「子育て期」「高齢期」の3回貧困になることがわかりました。
結婚前の20代前半ではありません。

5 最低生活費を基準として貧困を科学的に計測する方法を生み出した。
これが正解です。
マーケットバスケット方式を用いた貧困線の算出など、化学的に計測する方法を生み出しました。

第29回 問題22

セン(Sen,A.)が提唱した「潜在能力(capabilities)」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 潜在能力とは、個人の遺伝的素質のことをいう。
2 各人の資源の保有量が同じであれば、潜在能力は等しくなる。
3 困窮した生活を強いられていてもその人がその境遇に納得しているかどうかという心理的尺度が、最終的な潜在能力の評価の基準となる。
4 豊かな社会の中で貧しいことは、潜在能力の障害となる。
5 「恥をかかずに人前に出ることができる」といった社会的達成は、潜在能力の機能に含まれない。

1 潜在能力とは、個人の遺伝的素質のことをいう。
間違いです。
潜在能力とは、人ができるさまざまな機能を組み合わせることで、「財(資源)」がもつ特性が活用された状態(機能)に変換する能力のことです。

2 各人の資源の保有量が同じであれば、潜在能力は等しくなる。
各人の資源の保有量が同じでもその人の能力や置かれている状況が違うので資源が持つ特性を同じ機能に変換できる保証はありません。なので各人の資源の保有量が同じでも潜在能力は等しくなりません。
例えば一律にスマホを供給しても、その機能を使いこなせる人、使いこなせない人がいるので、潜在能力(財の特性と機能に変換する能力)は等しくなりませんね。

3 困窮した生活を強いられていてもその人がその境遇に納得しているかどうかという心理的尺度が、最終的な潜在能力の評価の基準となる。
困窮した生活を強いられている人がその境遇に納得しているのは、その範囲内で達成できる幸福に限定しているからで、そのような場合、その境遇に納得しているかどうかの心理的尺度が最終的な潜在能力の評価の基準とはなりません。

4 豊かな社会の中で貧しいことは、潜在能力の障害となる。
これが正解です。
豊かな社会の中で貧しいことは、「財」のもつ特性を活用できないことを意味するので、潜在能力の障害となります。例えば充実した医療があるにもかかわらず、貧しいために受診できないとか。

5 「恥をかかずに人前に出ることができる」といった社会的達成は、潜在能力の機能に含まれない。
センは「受け入れ可能な最低限の水準に達するのに必要な基本的な潜在能力欠如した状態」を貧困と定義しました。例えば「恥をかかずに人前に出る」には、その文化で必要となっている服装などを用意する必要があり、貧困層は用意することができないため、それ自体が潜在能力の障害となります。なので「恥をかかずに人前に出ることができる」といった社会的達成は潜在能力の機能に含まれます。

ソーシャルワークの各種アプローチ
ソーシャルワークの様々なアプローチ法は必ず国家試験に出題されます。しっかり勉強して得点源にしましょう。ソーシャルケースワーク慈善組織協会COSの活動を通してケースワークが発展し、その専門化を行ってきたのがリ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました