日本の医療福祉

日本の医療福祉

【障害者の定義】手帳は必須なのか?

療育手帳には法的根拠がないという驚きの事実、知っていましたか?身体障害者手帳とは大違いです。それでも持つメリットは計り知れない・・・。
日本の医療福祉

【障害者の所得補償】障害年金、児童扶養手当、特別児童扶養手当

障害者は働いて収入を得る事ができなかったり収入が不十分であることが多いので、所得補償として様々な手当が用意されています。 (以下、金額は月額で書いています) 障害児に支給される手当 特別児童扶養手当 いわゆる「ト...
日本の医療福祉

【日本の障害福祉の歴史】すべては障害児が成人してから始まった

障害関係の最初の法律は、戦後すぐの福祉三法の一角である身体障害者福祉法でした。 戦前は障害者を守る法律はなく、障害者は恤救規則や救護法の中で救貧政策の対象となっていただけでした。 不十分な障害者施策を補うように、民間での取組み...
日本の医療福祉

【日本の高齢者福祉の歴史】高齢化社会→高齢社会→超高齢社会

高齢化社会、高齢社会、超高齢社会の違いはわかりますか?社会福祉士国家試験には頻出ですので、覚え方を伝授します。
日本の医療福祉

【日本の戦前福祉】救貧政策と民生委員制度の歴史

戦前福祉のポイントは、救貧政策と民生委員制度の変遷です。日本初の救貧政策である恤救規則はごくわずかな人たちしか救済されませんでしたが、その後の「米騒動」は福祉のターニングポイントとなり、政府は一転して積極的に救貧・防貧政策を行い、恤救規則→救護法→旧生活保護法へと続いていきます。並行して民生委員制度の原型である済世顧問制度→方面委員制度→民生委員制度の流れも押さえましょう。
日本の医療福祉

【日本の戦後福祉】福祉三法・六法・八法の覚え方

戦後日本では福祉三法、六法、八法と整備されていく中で、「福祉元年」と「福祉八法改正」は大きなターニングポイントとなりました。そしてその背景には「高度経済成長」と「高齢化」があります。高度経済成長の波に乗って拡大してきた福祉は、福祉元年に起こったオイルショックで一転、縮小・調整期に入ります。その背景には急速に進む高齢化があります。
タイトルとURLをコピーしました