社会的行為

社会的行為 すぐ覚えられる各論
スポンサーリンク

ここではまず、「行動」と「行為」の違いについて理解し、ウェーバーの提唱した4つの「社会的行為」について学びましょう。

余裕があれば、ハバーマス、パーソンズ、ゴッフマン、ブルデューについても知っておきましょう。

ちょっと難しいですが、読んでみてください。

行動と行為

「行動」と「行為」は同じような語感で使いますが、以下のように定義され明確に異なる意味を持ちます。

「行動」:観察可能な振る舞い部分
「行為」:主観的な意味を含ませている人間の行動

ウェーバーは、行為について「単数あるいは複数の行為者が主観的な意味を含ませている限りの人間行動」と定義しました。

社会学では、他者から観察可能な振舞い部分のみを取り出して言及する場合は「行動」という語句を用い、内的な動機づけや精神活動を含む場合は「行為」と呼びます。

ウェーバーの社会的行為

ウェーバーは、社会は個人の社会的行為の結果であるとして4種類の社会的行為を提言しました。

感情的行為

感情的行為は、行為対象に対して直接の感情や気分によって行われる振る舞いのことです。

価値合理的行為

価値合理的行為は、ある行動の価値そのものへの、結果を度外視した意識的な信仰による行為です。

信仰とか倫理によって行為が方向づくことになります。

伝統的行為

伝統的行為は、日常的に身についた習慣による行為、日常の習慣化した行為です。

過去の経験に基づき諸個人の内に身について知覚、思考、実践行動を生み出す性向などです。

目的合理的行為

人の行動などを予想し、この予想が自分の目的のために条件や手段として合理的かどうかを判断基準にするような行為です。

例えば買い物に行って同じようなものであれば安い方を買うとか、合理的判断が伴う行為です。

ハバーマスの社会的行為

ハバーマスは、社会的行為の中でも対人行為として「戦略的行為」と「コミュニケーション的行為」について提唱しています。

戦略的行為は効率性を求める管理的行為で、コミュニケーション的行為は言語を媒介として自己と他者との相互了解や合意形成を目指して行われる相互行為です。

戦略的行為は、ウェーバーの目的合理的行為に近いですね。

彼は、現代の日常生活の中ではシステム化が進み戦略的行為が増大していきコミュニケーション的行為が希薄になる事を問題視しました。

この状態を生活世界の植民地化と呼んでいます。

パーソンズの主意主義的行為論

パーソンズは行為や行為の結果について、客観的要因だけでなく行為者の意思という主観的要因を重視する理論的アプローチを行いました。

これを主意主義的行為論といいます。

ゴッフマンの演劇的行為論

ゴッフマンはドラマツルギーという概念を提唱し、周囲の人から期待される役割を演じる立ち振る舞いを演劇の演技に見立てました。

周囲の人間に対して期待される役割を演じる事をパフォーマンス、演じている本人をパフォーマー、周囲の人間をオーディエンスと呼んでいます。

「役割期待」を思い出してください。

役割期待と役割距離、みんな役割を演じて生きている
人間は日々、役割を演じて生きています。学生、先生、母親、政治家、会社員、百姓などなど、その立場や地位にふさわしい行動や言動を行うようプログラミングされている機械のようです。ある日、平社員が社長に昇格したらその立場に立った行...

ドラマツルギーはまさにこの役割期待に沿った行動を演技に見立てたものです。

例えば、母親が子どもに「良い子」であるという役割期待があったとして、子どもはその役割期待に沿った行動をとった時、子どもがパフォーマー(演技者)、その周囲の人間がオーディエンス(観客)になるわけです。

このようなパフォーマンスやオーディエンスの関係はあらゆる場面で見られ、相互行為が行われています。

ブルデューのハビトゥス論

ハビトゥスとは「個人の経験の蓄積から生まれる、知覚・思考・行為を生み出す性向のシステム」のことです。

彼は、そもそも目的や手段が自然発生するわけではなく、過去の経験の蓄積から生まれると考えました。

つまり人は経験の蓄積によって日常生活の認知、評価、行為をしているというわけです。

この「日常生活の認知、評価、行為」をプラクティス(慣習的行為)と呼んでいます。

このプラクティスは、知覚・思考・行為を生み出す性向という観点でウェーバーの伝統的行為の発展形であると言えます。

プラクティスを方向付ける性向のシステムをハビトゥスというわけです。

過去問

第29回 問題19

社会理論における行為に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 行為とは、行為者自身にとってどのような意味を持つかとは無関係に、他者から観察可能な振る舞いを意味する。
2 伝統的行為とは、行為対象に対して直接の感情や気分によって行われる振る舞いを意味する。
3 価値合理的行為とは、過去の経験に基づき諸個人の内に身についた知覚・思考・実践行動を生み出す性向を意味する。
4 コミュニケーション的行為とは、他者の選択を計算に入れながら、あるいは他者の選択に影響を与えることによって、自己の目的の実現を目指すものを意味する。
5 行為の意図せざる結果とは、ある意図によって行われた行為自体が、思わぬ影響をもたらすことを意味する。

1 行為とは、行為者自身にとってどのような意味を持つかとは無関係に、他者から観察可能な振る舞いを意味する。
これは「行動」の説明ですので間違いです。

2 伝統的行為とは、行為対象に対して直接の感情や気分によって行われる振る舞いを意味する。
これは「感情的行為」の説明ですので間違いです。

3 価値合理的行為とは、過去の経験に基づき諸個人の内に身についた知覚・思考・実践行動を生み出す性向を意味する。
これは伝統的行為の説明ですので間違いです。

4 コミュニケーション的行為とは、他者の選択を計算に入れながら、あるいは他者の選択に影響を与えることによって、自己の目的の実現を目指すものを意味する。
これはハバーマスの「戦略的行為」の説明ですので間違いです。

5 行為の意図せざる結果とは、ある意図によって行われた行為自体が、思わぬ影響をもたらすことを意味する。
これが正解です。
行為の意図せざる結果とは、ある行為の集積が想定外の結果を社会に招き寄せることを指摘した概念です。
社会科学を成立させた最も重要な研究課題のひとつで、歴史的には経済学者スミスの「神の見えざる手」の議論が有名です。
これは、個々人の利己的行為が自由な経済競争のなかで想定外の結果として調和と発展を実現すると論じたものです。
ウェーバーはプロテスタントの禁欲的信仰生活という行為が想定外の結果として資本主義を生み出したと論じました。

第32回 問題19

次のうち、パーソンズ(Parsons,T.)の社会的行為論として、正しいものを1つ選びなさい。
1 コミュニケーション的行為論
2 交換理論
3 集合行動論
4 象徴的相互作用論
5 主意主義的行為理論

これは選択肢5が正解ですね。
コミュニケーション的行為論はハバーマスです。

ウェーバーの支配類型と官僚制
マックス・ウェーバーが提唱した支配類型について学びましょう。ウェーバーについては、4つの支配類型に加えて4つの社会的行為も覚えてください。ウェーバーの支配類型伝統的支配昔からの伝統による信仰に基づく支配...

コメント

タイトルとURLをコピーしました