「日本の社会保障制度」4層構造で誰一人取り残さない

日本の社会保障制度 日本の社会保障
スポンサーリンク

社会保障制度というと、年金とか医療保険を思い浮かべる人が多いと思います。

このような我々に身近な例を考えながら、日本の社会保障制度の仕組みを見ていきましょう。

社会保障制度の構造

日本の社会保障制度は、
①社会保険制度
②社会福祉制度
③生活困窮者自立支援制度
④生活保護制度
と4層構造になっています。

日本の社会保障制度の仕組み

社会保険制度

冒頭で書いた年金や医療保険は一番上の階層に当たる「社会保険制度」に該当します。

社会保険制度は全国民が対象で、この社会保険制度によってすべての国民は生存権等の様々な権利を保証されるよう設計される事が理想で、日本の社会保障制度のメインは「社会保険制度」です。

しかし、日本は資本主義国家ですから高所得者も低所得者もいて、どうしても貧富の差が生まれてきます。

すると社会保険制度だけでは救われない人も出てくるわけです。

社会福祉制度

例えば高齢、障害や病気、母子家庭などなどが原因で低所得に陥ってしまう人が必ず出てきます。

資本主義はこのような格差がどうしても生まれるので、第二の社会保障制度として「社会福祉制度」を設け、低所得者を救済する仕組みができているのです。

このように日本の社会保障制度には、全国民を対象とした社会保険制度と、それでは救われない低所得者向けの社会福祉制度がありますが、それでもこれら2つの網から漏れ落ちてくる人がでてきます。

そのために最後のセーフティーネットとして、生活保護制度があるのです。

生活保護制度

社会保障制度の中でも生活保護制度の歴史は最も古く、戦後すぐに旧生活保護法ができています。

元々、生活保護法だけで救貧政策が実施されていた日本に、障害者や児童に向けた社会福祉制度ができ、そして社会保険制度が充実してきたわけです。

生活保護法は憲法第25条で保証される生存権を根拠として「健康で文化的な最低限度の生活」が保証されています。

ギリギリの生活ではなく「健康で文化的な」生活が保証されているわけですから、かなり手厚い保障がされますが、それ故に生活保護に一度陥ってしまうとなかなか抜けられない仕組みになってしまっています。

最低賃金で週5日、毎日8時間働くよりも生活保護を受けていた方が収入が多かったりしますから、当然生活保護から抜け出して働こうとはなかなか思いませんよね。

長らく日本の社会保障制度はこれら3層構造になっていたのですが、急増する生活保護受給者に対応し生活保護一歩手前で救う仕組み、生活保護制度に次ぐ第二のセーフティーネットが求められてきます。

生活困窮者自立支援制度

生活保護の1歩手前で支援する「生活困窮者自立支援制度」は2015年にスタートしました。

生活保護の1歩手前

もともと日本の社会福祉制度の主たる対象は「高齢」「障害」「児童」の3者でした。

しかし近年はこの3者に該当しない人達が困窮する非常に複雑な社会になってしまいました。

例えば働き盛りの40~50代の孤独死の問題、これは福祉に繋がれている高齢者よりも福祉と無縁の稼働年齢層の人達が社会的に孤立し、誰からも見つけられずひっそりと亡くなるという現代特有の社会問題です。

さらに、ワーキングプア、ニート、ひきこもり、ネットカフェ難民などなど、単なる経済的困窮だけではない様々な形の困窮や社会的孤立が蔓延しています。

ぼくはホームレスの人を助けたいと思って声をかけたら、ホームレスの人から「寒い冬に公園で寝る辛さがおまえにわかるか!」って怒鳴られた。

このような人々の救済にはこれまで生活保護制度しかなかったのですが、近年は生活保護受給者が急増し国家財政を圧迫するようになってしまったため、生活保護の一歩手前で救済する仕組みが求められ「生活困窮者自立支援制度」ができたのです。

各制度の対象

1962年「社会保障制度の総合調整に関する基本方策についての答申及び社会保障制度の推進に関する勧告」によると、それぞれの対象は以下のようになります。

社会保険制度:一般所得者層
社会福祉制度:低所得者層
生活保護制度:貧困階層

まとめ

このように日本の社会保障制度は「社会保険制度」を根幹としつつも、それでは救済できない人が社会保険の網からもれ、さらにその下の社会福祉の網からも漏れる人が続出し、生活困窮者自立支援制度が満足に機能していると言いきれない現状では、これからも最後のセーフティーネットである生活保護の網にかかる人たちがどんどん増えると思われます。

第一のネットである「社会保険制度」は、保険制度ですから保険料を支払って制度に加入することでその恩恵を受ける事ができます(障害基礎年金だけは例外で、保険料を支払っていない20歳未満の未加入者が障害を負った場合でも20歳になれば受け取れます)。

日本の社会保障制度の根幹はこの社会保険制度で、全国民が保険料を払って加入しているのです。

年金や医療保険は、国民全員が保険料を払っていますよね。
国民皆保険・皆年金制度といいます。

第二のネットである「社会福祉制度」は利用者が保険料を拠出するわけではなく、一部利用料以外は全て税金で賄われます。

社会保険制度は「応益負担」(受けた益に相応の料金を負担)、社会福祉制度は「応能負担」(支払い能力に応じて料金を負担)が基本となっています。

第三のネットである「生活困窮者自立支援制度」は、社会福祉制度の狭間で福祉の網から漏れてくる人たちを救うためにあります。

さらに急増する生活保護受給者の保護費が国の財政を圧迫し、生活保護に陥る一歩手前で救う仕組みとしての機能が求められています。

最後のセーフティーネットである「生活保護制度」は、文字通り最後の砦です。

「生活保護制度」なぜ生活保護受給者をズルいと思ってしまうのか
生活保護制度は社会保障制度の最後のセーフティーネットとして重要な位置を占めています。それだけに国家試験にも頻出ですのでしっかり押さえましょう。この分野は過去問をひたすら解くことで実力がアップしていきます。記事内容を...

コメント

タイトルとURLをコピーしました