「リーダーシップ論」特性理論→行動理論→状況適合理論

リーダーシップ論 すぐ覚えられる各論
スポンサーリンク

リーダーシップ論の変遷

リーダーシップ論は、優れたリーダーの特性や資質を見出そうとする「特性理論」からスタートしました。

特性理論は、「優れたリーダーには生まれ持った資質がある」として、その資質や性質を見出す事に主眼を置いていました。

しかし、なかなかそのような資質を見出せず、優れたリーダーは資質ではなく行動が優れているとした「行動理論」が生まれました。

そしてさらに、そもそも普遍的なリーダーの特性や行動というものは存在せず、その時々で変化すると考える「状況適合理論」へと変化していきます。

1900~1940年代 リーダーシップ特性理論

特性理論は、優れたリーダーの資質や特性を見出だそうとする理論です。

しかし優れたリーダーの特性が見いだせずに行き詰ってしまいます。

1940~1960年代 リーダーシップ行動理論

特性理論の次に出てきた行動理論は、普遍的有効性のある優れたリーダーの行動を見出す理論です。

特性理論によって優れたリーダーの特性を見出そうとしても叶わず、行動に着目したのです。

リーダーシップ行動理論の例を挙げてみると、

PM理論

PM理論は、三隅二不二(みすみじゅうじ)が提唱したリーダーシップ行動理論の1つです。

PはPerformanceを意味します。

Performanceという単語からは推測しにくいですが、課題達成のことです。

MはMaintainanceで対人維持行動。

Mを縦軸、Pを横軸にとって図に表します。

PもMも高いリーダーが優れたリーダーとなり、PM型が最も良いということになります(大文字と小文字で4つの領域を示しています)。

PM理論

マネジリアルグリッド論

こちらもPM理論のように縦軸に「人への関心度」、横軸に「業績への関心度」をとり、縦横それぞれ1~9までの数値で、たとえば(1.1)であれば人への関心度も業績への関心度も最低、(9.9)であれば人と業績の関心度が最高でもっとも良いリーダーの行動となります。

マネジリアルグリッド

レヴィンらのリーダーシップ理論 

レヴィンらのリーダーシップ理論では、「専門型」「放任型」「民主型」のうち民主型が最も良いとしています。

オハイオ州立大学の研究

オハイオ州立大学の研究では、リーダーシップ行動は「構造づくり」と「配慮」を適切に行うのが良いとしています。

このようにPM理論もマネジリアルグリッドでも図を見ればわかるように、優れたリーダーの行動が明確に決まっています(PM理論ではPM型、マネジリアルグリッドでは(9.9)型)。
しかし、行動理論の後に出てきた状況適合理論では、優れたリーダーの行動は状況によって変わると考える理論です。

1960~1980年代 状況適合理論(条件適合理論)

行動理論の次に出てきたのが状況適合理論です。

行動理論では優れたリーダーはPM型が良いとか、(9.9)型が良いとか明確に決まっていましたが、状況適合理論では、優れたリーダーの行動は状況によって変わると考えます。

以下に示す状況適合理論の例は全て覚えましょう。

コンティンジェンシー理論

コンティンジェンシーとは「偶発」「不慮の事故」の意味です。

コンティンジェンシー理論は、組織がよい成果をあげるためには「環境」や「コンテクスト」に適応した構造になることが必要であるという理論です。

「コンテクスト」とは企業内で内部組織に影響を及ぼす要素のことで、組織の目標、戦略、技術、規模などを指します。

パスゴール理論

パスゴール理論は、ブルームらの期待理論に基づき魅力的なゴール(目標)に至るパス(経路)を示すことがリーダーの役割りであると、ロバートハウスが提唱しました。

SL理論

SLとはSituational Readershipの略です。

シチュエーションによって変わるリーダーシップということです。

PM理論は行動理論、SL理論は条件適合理論ですので間違えないように。

フィードラー理論

フィードラー理論では、「タスク志向型」と「人間関係志向型」に分類するのはPM理論と同じですが、さらにリーダー権限も含めた状況(人間関係、リーダー権限など)によって変わるとする理論です。

1970年代~コンセプト理論

状況適合理論を元に集団やビジネス環境に応じて起こる様々なパターンでのリーダーシップのとり方を研究したもので、環境や状況ごとに様々な理論があります。

変革型リーダーシップ論

変革型リーダーシップ論は、変化の大きい環境に対応するための理論です。

企業や組織が経営危機などに瀕し、大きな改革が必要な時。

日産やパナソニック、シャープが過去に経営危機に瀕した状況ではこの変革型リーダーシップによってV字回復した例です。

組織内に危機感を醸成し、ビジョンを構成し、早い段階で小さな成功を収める事などが流れになります。

カリスマ的リーダーシップ論

カリスマ的リーダーシップ論は、Apple社の元CEOのスティーブ・ジョブズ氏なんかが典型です。

ただしカリスマ経営者への依存度が大きくなると、後継者が育たなかったりするデメリットが出てきます。

ウェーバーの提唱した3種類の支配システムを思い出してください。
①伝統的支配②カリスマ的支配(カリスマ的リーダーシップ)③合法的支配
彼はすでにカリスマ的リーダーシップを唱えていたのです。

ウェーバーの支配類型と官僚制
マックス・ウェーバーが提唱した支配類型について学びましょう。ウェーバーについては、4つの支配類型に加えて4つの社会的行為も覚えてください。ウェーバーの支配類型伝統的支配昔からの伝統による信仰に基づく支配...

フォロワーシップ理論

フォロワーシップ理論では、フォロワーの強みを最大限に発揮させるリーダーの役目に着目します。

まとめ

リーダーシップ論は「特性理論」から「行動理論」、「状況適合理論」へと移り変わる流れと、それぞれに特徴的な理論を覚えておきましょう。

過去問

第29回 問題123

リーダーシップに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 コンティンジェンシー理論では、特定のリーダーシップ行動の普遍的有効性を重視する。
2 行動アプローチでは、リーダーシップという影響力の実態をリーダー個人の身体的・精神的資質として捉える。
3 変革型リーダーシップ論では、メンバー個々の動機づけや知的刺激を排除するリーダーの行動を重視する。
4 リーダーシップの特性論では、課題思考型と人間関係思考型の二つの行動を重視する。
5 フォロワーシップ理論では、フォロワーの自律性を引き出すリーダーの役割を重視する。

1 コンティンジェンシー理論では、特定のリーダーシップ行動の普遍的有効性を重視する。
間違いです。
コンティンジェンシー理論は、特定の有効なリーダーシップ行動はなく、状況によって求められるリーダー特性が異なるとする理論です。

2 行動アプローチでは、リーダーシップという影響力の実態をリーダー個人の身体的・精神的資質として捉える。
これは特性理論(特性アプローチ)の説明ですので間違いです。

3 変革型リーダーシップ論では、メンバー個々の動機づけや知的刺激を排除するリーダーの行動を重視する。
間違いです。
変革型リーダーシップは、カリスマ性、個別配慮、知的刺激、鼓舞的動機付けなどが特徴です。

4 リーダーシップの特性論では、課題思考型と人間関係思考型の二つの行動を重視する。
これはコンティンジェンシー理論の説明ですので間違いです。

5 フォロワーシップ理論では、フォロワーの自律性を引き出すリーダーの役割を重視する。
これが正解です。

第31回 問題120

リーダーシップの理論に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 パス・ゴール理論では、メンバーの目標達成のための道筋を明示することが、リーダーシップの本質であるとしている。
2 フィードラー理論に代表される「条件適合理論」において、リーダーの行動は「構造づくり」と「配慮」に集約される。
3 三隅二不二は、リーダーシップの行動面に注目して、集団の「目標達成行動」と「集団維持機能」の2次元で類型化したSL理論を示した。
4 カリスマ的リーダーシップでは、リーダーのスタイルを任務実行志向と人間関係志向に分類する。
5 マネジリアル・グリッドでは、「人に対する関心」と「業績に対する関心」の2軸で類型化し、「1・1型」が最も理想的なリーダーシップのスタイルであるとしている。

1 パス・ゴール理論では、メンバーの目標達成のための道筋を明示することが、リーダーシップの本質であるとしている。
これが正解です。
パス・ゴール理論は状況適合理論の一種で、リーダーは必要な道筋(パス)を示してメンバーの目標(ゴール)に導くというものです。

2 フィードラー理論に代表される「条件適合理論」において、リーダーの行動は「構造づくり」と「配慮」に集約される。
リーダーの行動は「構造づくり」と「配慮」に集約されるとしたのは「条件適合理論」ではなく「行動理論」の1つであるオハイオ大学の研究結果です。

3 三隅二不二は、リーダーシップの行動面に注目して、集団の「目標達成行動」と「集団維持機能」の2次元で類型化したSL理論を示した。
三隅二不二が示したのはSL理論ではなく、PM理論ですので間違いです。

4 カリスマ的リーダーシップでは、リーダーのスタイルを任務実行志向と人間関係志向に分類する。
これはカリスマ的リーダーシップではなく、フィードラー理論です。

5 マネジリアル・グリッドでは、「人に対する関心」と「業績に対する関心」の2軸で類型化し、「1・1型」が最も理想的なリーダーシップのスタイルであるとしている。
マネジリアル・グリッドでは「1・1型」ではなく「9・9型」が最も理想的とされています。

「ニード論」ブラッドショーの4つのニード
ブラッドショー(Bradsbaw,J.) が提唱した4つのニードを覚えましょう。ブラッドショーの4つのニードフェルトニード(感得されたニード、自覚ニード)フェルト(felt)は「感じる(feel)」の過去分詞形で...

コメント

タイトルとURLをコピーしました