ノーマライゼーション

ノーマライゼーション ソーシャルワークの展開
スポンサーリンク

現在では障害者福祉の基本となっているノーマライゼーションの理念は、どのようにして醸成されてきたのでしょうか。

ノーマライゼーションに関しては3名の人物を、その歴史的流れと共に押さえましょう。

バンク-ミケルセン

ノーマライゼーションを世界で初めて提唱したのはデンマークのニルス・エリク・バンク-ミケルセンです。

1950年代デンマークでは知的障害者が施設に隔離され、劣悪な環境の施設に収容されている知的障害児者の処遇に心を痛め、1951年に発足した知的障害者の親の会の活動に共鳴し、そのスローガンが法律として実現するように尽力しました。

それによって1959年 知的障害者福祉法ができます。

この法律はノーマライゼーション法とか1959年法とも呼ばれていますが、この法律には彼が知的障害者の親の会の要請を文章化する過程で生まれたノーマライゼーションの理念が盛り込まれ、世界で初めてノーマライゼーションという言葉が法律に用いられ明文化されました。

バンク-ミケルセンは「ノーマライゼーションの父」と呼ばれています。

ノーマライゼーションの発祥はデンマークであることも覚えておきましょう。

ベンクト・ニイリエ

スウェーデン知的障害児者連盟のニイリエはバンク‐ミケルセンのノーマライゼーションの理念に影響を受け、英文に訳して広く国際的に広めました。

1960年、ニイリエは「知的障害者は、ノーマルなリズムにしたがって生活し、ノーマルな成長段階を経て、一般の人々と同等のノーマルなライフサイクルを送る権利がある」とし、ノーマライゼーションを「8つの原理」に分けて示しています。

この考え方は国際的に浸透し、1971年の「国連知的障害者権利宣言」、1975年の「国連障害者権利宣言」の土台となり、1981年の「国際障害者年」のテーマを「完全参加と平等」とした国連決議へとつながっていきます。

1982年にはスウェーデンでノーマライゼーションの理念に基づいて社会サービス法が制定されます。

ヴォルフェンスベルガー

文化的、社会的役割としてのノーマライゼーションであるソーシャルロールバロリゼーションを提唱します。

ソーシャルロールバロリゼーションは直訳すれば社会的役割に価値(バリュー)を与える(バロライズする)という事で、知的障害者にも価値ある社会的役割を与えましょうという概念です。

役割期待と役割距離、みんな役割を演じて生きている
人間は日々、役割を演じて生きています。学生、先生、母親、政治家、会社員、百姓などなど、その立場や地位にふさわしい行動や言動を行うようプログラミングされている機械のようです。ある日、平社員が社長に昇格したらその立場に立った行...

過去問 

第30回 問題95

次のうち、ノーマライゼーションの原理を八つに分けて整理した人物として、適切なものを1つ選びなさい。
1 ソロモン(Solomon,B.)
2 バンクーミケルセン(Bank-Mikkelsen,N.)
3 ヴォルフェンスベルガー(Wolfensberger,W.)
4 サリービー(Saleebey,D)
5 ニィリエ(Nirje,B)

ノーマライゼーションとくれば、バンクーミケルセン、ヴォルフェンスベルガー、ニィリエですが、原理を八つに分けてとあるので選択肢5のニィリエが正解です。

相談援助過程
相談援助の流れ相談援助過程は以下のように流れていきます。①アウトリーチ(ニーズの発見、掘り起し)②インテーク(受理面接)③アセスメント(事前評価)④プランニング(個別援助計画の立案、作成)⑤インターベンション(介入)⑥モニタ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました