人が集団になると「社会的ジレンマ」が起こる

集団 すぐ覚えられる各論
スポンサーリンク

ここでは集団の種類、集団に関する理論とそれを提唱した人、そして、人間が集団になるとどのような現象が起こるのか、押さえていきましょう。

集団の種類

基礎集団

基礎集団とは、自生的な集団(家族など)のことです。

機能集団

機能集団とは、特定の目的を果たすための人為的な集団(企業や政党など)のことです。

準拠集団

マートンらによって理論化された準拠集団は、個人が同調及び比較の基準として自分自身を関連づける集団のことで、所属したいと願う集団であったり、他人の評価する際の基準になるような集団が該当します。

なので、その集団に所属していなくても準拠集団になりえます。

例えば、たくさんの人(集団)がもっているからほしいという思いがあれば、その集団も準拠集団だよ。みんなスマホを持っているから僕も欲しかった。

準拠集団はときどき出題されますので覚えておきましょう。

そして基礎集団と機能集団については様々な学者が別の呼び方で集団を分類しています。

その本質は基礎集団と機能集団ですので、同じくくりで覚えましょう。

基礎集団と機能集団

テンニース

ゲマインシャフト:家族や村など、愛情や相互理解など人間の本質意志によって結びついた自然的な集団
ゲゼルシャフト:大都市や国など、利害や打算などの選択意志に基づいて形成される、企業や大都市、国家などの人為的な集団

社会は歴史的にゲマインシャフトからゲゼルシャフトへ移行すると主張しました。

テンニースは基礎集団のことをゲマインシャフト、機能集団のことをゲゼルシャフトと呼んだのですね。

クーリ―

第一次集団:家族、子どもの遊び仲間、近隣集団など直接的つながりと親密な関係が存在する集団
第二次集団:学校、組合、政党のように特定の目的を実現するために人為的に組織される集団

クーリーは基礎集団のことを第一次集団、機能集団のことを第二次集団と呼んだのですね。

マッキーバー 

コミュニティ:地域に根差して自然発生した共同生活体(ただし「家族」は含まない)
アソシエーション:特定の関心の充足や目標達成のために人為的に組織された集団

マーキーバーは基礎集団のことをコミュニティ、機能集団のことをアソシエーションと呼んだのですね。
ただし、テンニースは家族をゲマインシャフト、クーリーは家族を第一次集団に含めていますが、マッキーバーは家族をアソシエーションとしている点に注意してください。

  基礎集団 機能集団
テンニース ゲマインシャフト
(家族、村、都市)
ゲゼルシャフト
(大都市、国、世界)
クーリー 第一次集団
(親密な家族、仲間)
第二次集団
(利益や関心、意図的な社会)
マッキーバー コミュニティ
(村、町、都市、国、地球)
アソシエーション
(家族、学校、社会)

ホーソンの実験

1924~1932年にかけてアメリカのウエスタン・エレクトリック社ホーソン工場で行われた実験です。

企業や大学、財団らが企画した大規模なプロジェクトでした。

ホーソン実験では、工場作業員に集団で配線やハンダづけの作業をさせたところ、作業員はそれぞれに生産高を制限し、集団独自の標準作業量を決めてしまいました。

作業員は仕事を通じて独自の人間関係を自然発生させ、インフォーマル・グループを形成していることが分かりました。これは会社などのフォーマルな規律よりも、職場の人間関係など、インフォーマル・グループの統制力に従う傾向があるということです。

フォーマルグループ:企業や官庁のような一定の目的のために成文化された規則と命令系統を持つ組織
インフォーマルグループ:趣味や性格によって非公式に組織、または自然発生的に生まれた非公式の団体

集団の傾向

集団浅慮

集団浅慮は、集団で議論することによって、かえって深く考えずに決定がなされてしまうような現象のことです。

「集団の凝集性」が高いと集団内で意見を一致させようという動機付けが集団浅慮を引き起こします。

つまり集団を構成するメンバー同士が親密であると、反対意見をいう人が少なくなり熟考しなくなることです。

社会的手抜き

社会的手抜きは、単独で作業するよりも集団で作業する方が一人当たりの作業量が低下する現象のことです。

会議の参加人数が多いと誰かが発言するだろうと考えて自分は発言しないとか。思い当たります。

集団浅慮と似ていますが、これも集団になることによる悪い影響です。

社会的促進と社会的抑制

単純な課題では他者の存在が社会的促進をもたらし、複雑な課題では逆に社会的抑制をもたらします。

つまり集団になると、単純な作業をする場合にはみんなでせっせと単純作業を効率よく進められるのに対して、複雑な作業になると非効率になってしまいます。

確かに単純な農作業などは人が多いとヤル気が出て捗りますが、複雑な作業は人が多いと集中できず作業効率が落ちますね。

コーシャスシフトとリスキーシフト

コーシャスシフトとは、集団討議などで安全志向の結論が得られやすくなることです。

リスキーシフトとはその逆で、集団討議などで極端な意見や危険志向を増大させ過激になることです。

どちらも経験的によくわかります。

同調

同調は、集団において多数派の意見や期待に合わせて個人の意見や行動が変化することです。

社会的ジレンマ

社会的ジレンマは、集団メンバーの多くが個人的利益を追求した行動をとることで集団全体にとって不利益になることです。

共有地の悲劇

共有地の悲劇とは、資源へのアクセスが不特定の人に平等に開かれているために起こる破綻のことです。

例えば、誰もが利用可能な牧草地は一定数の牛なら生産が持続可能ですが、収容限界を超えると牧草が枯渇して牛が死んでしまいます。共有地では持続可能性より目先の利益が優先されるため、牧草地が荒廃すると利用者全員が不利益を被るのに、目先の利益に走ってしまう事を共有地の悲劇と呼びます。

囚人のジレンマ

囚人のジレンマとは、2人の容疑者から別々に聞き取る時に、容疑者はそれぞれ相手の行動を予測しながら自分の利得が最大になるような行為を選択し、その結果自白に追い込まれるというものです。

警察が複数の容疑者を事情聴取をするときに別々に行うのは、別の容疑者が自白するかもしれないと考えながら、自分が自白した方が得なのか損なのか葛藤し、結果的に全員が自白することを選択するというジレンマです。

フリーライダー

フリーライダーとは、いわゆる「ただ乗りする人」のことです。

非協力的だったりコストを負担せず利益を得ようとする人のことです。

過去問

第28回 問題19

社会集団に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 ゲマインシャフトとは、本質意思に基づく結合が解体した、近代以降の社会集団である。
2 インフォーマルグループとは、メンバーの親密な相互関係を通じて形成される集団である。
3 第一次集団とは、家族や親族などの第二次集団とは異なる、会社や学校などの社会集団である。
4 コミュニティとは、特定の関心を共同して追求するために設立された、人為的な機能集団である。
5 アソシエーションとは、地理的・文化的な地域性を結合要素とした社会集団である。

1 ゲマインシャフトとは、本質意思に基づく結合が解体した、近代以降の社会集団である。
間違いです。
ゲマインシャフトは家族や村など、愛情や相互理解など人間の本質意志によって結びついた自然的な集団のことです。

2 インフォーマルグループとは、メンバーの親密な相互関係を通じて形成される集団である。
これが正解です。

3 第一次集団とは、家族や親族などの第二次集団とは異なる、会社や学校などの社会集団である。
間違いです。
第一次集団とは、家族、子どもの遊び仲間、近隣集団など直接的つながりと親密な関係が存在する集団です。

4 コミュニティとは、特定の関心を共同して追求するために設立された、人為的な機能集団である。
間違いです。
コミュニティとは、地域に根差して自然発生した共同生活体です。
人為的な集団ではありません。

5 アソシエーションとは、地理的・文化的な地域性を結合要素とした社会集団である。
間違いです。
アソシエーションとは、特定の関心の充足や目標達成のために人為的に組織された集団です。

第31回 問題19

社会集団に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 第一次集団とは、ある特定の目的のために人為的に作り出された組織である。
2 フォーマルグループとは、企業や官庁のような一定の目的のために成文化された規則と命令系統を持つ組織である。
3 ゲゼルシャフトとは、相互の感情や了解に基づく緊密な結び付きによる共同社会である。
4 準拠集団とは、共同生活の領域を意味し、典型的な例は地域社会である。
5 コミュニティとは、特定の共通感心を追求するために明確に設立された社会集団である。

1 第一次集団とは、ある特定の目的のために人為的に作り出された組織である。
間違いです。
第一次集団とは、家族、子どもの遊び仲間、近隣集団など直接的つながりと親密な関係が存在する集団です。

2 フォーマルグループとは、企業や官庁のような一定の目的のために成文化された規則と命令系統を持つ組織である。
これが正解です。

3 ゲゼルシャフトとは、相互の感情や了解に基づく緊密な結び付きによる共同社会である。
間違いです。
大都市や国など、利害や打算などの選択意志に基づいて形成される、企業や大都市、国家などの人為的な集団でえす。

4 準拠集団とは、共同生活の領域を意味し、典型的な例は地域社会である。
間違いです。
個人が同調及び比較の基準として自分自身を関連づける集団のことで、所属したいと願う集団であったり、他人の評価する際の基準になるような集団が該当します。

5 コミュニティとは、特定の共通感心を追求するために明確に設立された社会集団である。
間違いです。
コミュニティとは、地域に根差して自然発生した共同生活体です。

第28回 問題20

社会的ジレンマに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 企業などで生産された財やサービスが貨幣換算されないために、国家のGDPに含まれないことを「外部不経済」という。
2 犯罪容疑者である共犯者が、逮捕されていない主犯者の利益を考えて黙秘する結果、自分が罪をかぶることを「囚人のジレンマ」という。
3 社会にとって有用な資源へのアクセスが特定の人に限られていることを「共有地の悲劇」という。
4 ある財やサービスの対価を払うことなく、利益のみを享受する人のことを「フリーライダー」という。
5 協力的行動の妨害に与える報酬のことを「選択的誘因」という。

1 企業などで生産された財やサービスが貨幣換算されないために、国家のGDPに含まれないことを「外部不経済」という。
間違いです。
外部不経済とはマーシャルが提唱した概念で、経済活動の費用や便益が取引当事者以外に及ぶことを指します。

2 犯罪容疑者である共犯者が、逮捕されていない主犯者の利益を考えて黙秘する結果、自分が罪をかぶることを「囚人のジレンマ」という。
囚人のジレンマは、逮捕されていない主犯者の利益を考えるのではなく、自分の利益を考えて自白してしまうことなので間違いです。

3 社会にとって有用な資源へのアクセスが特定の人に限られていることを「共有地の悲劇」という。
間違いです。
共有地の悲劇は、有用な資源へのアクセスが誰にでも可能な状況で、不合理な行動を選択してしまうジレンマのことです。

4 ある財やサービスの対価を払うことなく、利益のみを享受する人のことを「フリーライダー」という。
これが正解です。

5 協力的行動の妨害に与える報酬のことを「選択的誘因」という。
間違いです。
個人が集合財の供給に貢献したか否かに従って個人に選択的に適用されるものが選択的誘因です。

第32回 問題20

次のうち、「社会的ジレンマ」に関する記述として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 合理的な仕組みに対して過剰な執着を持つ状況を指す。
2 一定期間、閉鎖的・画一的に管理された場所で生活する状況を指す。
3 協力し合うことが互いの利益になるにもかかわらず、非協力への個人的誘因が存在する状況を指す。
4 二つの矛盾した命令を受けているため、そのいずれも選択することができない状況を指す。
5 非協力的行動を行うと罰を受け、協力的行動を行うと報酬を得ることで、協力的行動が促される状況を指す。

選択肢3がズバリ正解です。

第30回 問題11

集団における行動に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 社会的ジレンマとは、集団的な討議を行うことによって、より安全志向な結論が得られやすくなることをいう。
2 ピグマリオン効果とは、集団において多数派の意見や期待に合わせて、個人の意見や行動が変化することをいう。
3 傍観者効果とは、緊急的な援助を必要とする場合であっても、周囲に多くの人がいることによって、援助行動が抑制されることをいう。
4 同調とは、他者の存在によって作業の効率が向上することをいう。
5 コ―シャス・シフトとは、集団のメンバーの多くが個人的利益を追求した行動をとることで、集団全体にとって不利益な結果となることをいう。

1 社会的ジレンマとは、集団的な討議を行うことによって、より安全志向な結論が得られやすくなることをいう。
これはコ―シャスシフトの説明なので間違いです。

2 ピグマリオン効果とは、集団において多数派の意見や期待に合わせて、個人の意見や行動が変化することをいう。
これはピグマリオン効果ではなく同調の説明です。

3 傍観者効果とは、緊急的な援助を必要とする場合であっても、周囲に多くの人がいることによって、援助行動が抑制されることをいう。
これが正解です。

4 同調とは、他者の存在によって作業の効率が向上することをいう。
これは社会的促進の説明なので間違いです。

5 コ―シャス・シフトとは、集団のメンバーの多くが個人的利益を追求した行動をとることで、集団全体にとって不利益な結果となることをいう。
これは社会的ジレンマの説明です。

第29回 問題122

集団のパフォーマンスに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 リーダーを中心にまとまりの良い集団では、集団浅慮は起きない。
2 社会的手抜きは、集団の作業では発生しない。
3 社会的促進は、複雑で不慣れな課題遂行時に起こる。
4 グループ間のコンフリクトは、あるグループが他のグループに対して優位に立とうとするときに生じる。
5 チームでメンタルモデルが共有されていると、チームのパフォーマンスが減退する。

1 リーダーを中心にまとまりの良い集団では、集団浅慮は起きない。
まとまりの良い集団ほど集団浅慮が起きますので間違いです。

2 社会的手抜きは、集団の作業では発生しない。
違います。
社会的手抜きは集団の作業でこそ発生します。

3 社会的促進は、複雑で不慣れな課題遂行時に起こる。
違います。
社会的促進は単純な課題遂行時に起こり、複雑な課題遂行時に起こるのは社会的抑制です。

4 グループ間のコンフリクトは、あるグループが他のグループに対して優位に立とうとするときに生じる。
コンフリクトは「紛争」「衝突」という意味です。
正しいです。

5 チームでメンタルモデルが共有されていると、チームのパフォーマンスが減退する。
チームでメンタルモデルが共有されていると、チームのパフォーマンスは向上しますので間違いです。

第30回 問題20

次の記述のうち、「共有地の悲劇」に関する説明として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 公共財の供給に貢献せずに、それを利用するだけの成員が生まれる状況を指す。
2 協力してお互いに利益を得るか、相手を裏切って自分だけの利益を収めるか、選択しなければならない状況を指す。
3 他の成員の満足度を引き下げない限り、ある個人の満足度を引き上げることができない状況を指す。
4 それぞれの個人が合理的な判断の下で自己利益を追求した結果、全体としては不利益な状況を招いてしまうことを指す。
5 社会全体の幸福度が、諸個人の快楽から苦痛を引いた後に残る快楽の総計と一致する状況を指す。

1 公共財の供給に貢献せずに、それを利用するだけの成員が生まれる状況を指す。
これはフリーライダーのことなので間違いです。

2 協力してお互いに利益を得るか、相手を裏切って自分だけの利益を収めるか、選択しなければならない状況を指す。
これは囚人のジレンマの説明なので間違いです。

3 他の成員の満足度を引き下げない限り、ある個人の満足度を引き上げることができない状況を指す。
これは相対的剥奪の説明なので間違いです。

4 それぞれの個人が合理的な判断の下で自己利益を追求した結果、全体としては不利益な状況を招いてしまうことを指す。
これが正解です。

5 社会全体の幸福度が、諸個人の快楽から苦痛を引いた後に残る快楽の総計と一致する状況を指す。
これは快楽計算の説明です。
快楽計算はベンサムが開発した指標で、個人と社会全体の「最大多数の最大幸福」の実現状態を計量化して判定する、現在用いられている幸福度調査の原点になっている指標です。

第31回 問題21

次のうち、「フリーライダー」に関する記述として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 他者からの矛盾した命令を受け取ることで身動きがとれない者
2 自分の利益を得るために他者を裏切ることを選択する者
3 他者との比較で剥奪感を抱いている者
4 自ら負担することなく集合財を享受する者
5 自分の効用を引き上げるために他者の効用を引き下げる者

フリーライダーは「ただ乗りする人」のことです。
そのままですね。
ということで選択肢4が正解です。

役割期待と役割距離、みんな役割を演じて生きている
人間は日々、役割を演じて生きています。学生、先生、母親、政治家、会社員、百姓などなど、その立場や地位にふさわしい行動や言動を行うようプログラミングされている機械のようです。ある日、平社員が社長に昇格したらその立場に立った行...

コメント

タイトルとURLをコピーしました