健康関連(WHO、健康日本21、特定健康診査)

WHO 人体と健康
スポンサーリンク

世界保健機関WHO

WHOの動きなどを押さえましょう。

プライマリーヘルスケアとヘルスプロモーションはよく出題されます。

1964年「ヘルシンキ宣言」@WMA総会

世界医師会(WMA)により、人間を対象とする医学研究の倫理的原則を示したものです。

1978年「アルマ・アタ宣言」@WHO

1978年にWHOによるアルマ・アタ宣言で、プライマリヘルスケアの要点が示されました。

アルマ・アタというのは、この会議が開催された場所である旧ソ連カザフ共和国の首都です。

WHOが考えるプライマリヘルスケアの内容は、保健専門職だけがヘルスケアに関与するのではなく、製剤分野の協力、政府の責任を強調しています。

また、住民参加、住民の自己決定も重視しています。

「ア」ルマアタ宣言でプライマリーヘルスケ「ア」と、「ア」つながりで覚えましょう。下にあるオタワ憲章でヘルスプロモーションと区別するために。

1986年「オタワ憲章」@WHO

オタワ憲章ではヘルスプロモーションが提唱されました。

ヘルスプロモーションは、「人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、改善することができるようにするプロセス」と定義されています。

予防医学

「予防医学」は病気の予防だけでなく、寿命の延長や身体的・精神的健康の増進を目的としています。

さらに、病気を未然に防ぐだけではなく、病気の進展を遅らせること、再発を防止することも予防であるとされています。
それに基づいて一次予防、二次予防、三次予防が定義されています。

一次予防:健康増進と疾病予防
二次予防:早期発見、早期治療
三次予防:リハビリテーション

健康日本21

健康日本21は国民の健康の増進の推進に関する基本的な方向や国民の健康の増進の目標に関する事項等を定めたもので、健康増進法に基づき策定されました。
以下の5つが柱になっています。

①健康寿命の延伸と健康格差の縮小
②生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底(NCDの予防)
③社会生活を営むために必要な機能の維持向上
④健康を支え守るための社会環境整備
⑤栄養、食生活、身体活動、運動、休養、飲酒、喫煙及び歯・口腔の健康に関する生活習慣及び社会環境改善

健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のことです。

特定健康診査と特定保健指導

2008年に制定された高齢者医療確保法によって、特定健康審査と特定保健指導が規定されました。

それまでの健康診査事業は老人保健法で規定されていましたが、高齢者医療確保法ができたので老人保健法はなくなりました。

特定健康診査

特定健康診査は、メタボリックシンドロームに着目して、内臓脂肪を減少させ疾患等のリスクを低減することが目的です。

日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診を行います。

特定保健指導

特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをします。

日本人の死亡原因ランキング

最後に日本人の死亡原因を見てみましょう。
第1位はガンです。
第3位までは覚えておきましょう。

1位:悪性新生物
2位:心疾患
3位:肺炎
4位:脳血管疾患
5位:老衰
6位:不慮の事故
7位:腎不全
8位:自殺
9位:大動脈瘤及び解離
10位:肝疾患

実はガンの中でも最も多いのは肺ガンで、近年は肺などの呼吸器系の疾患による死亡が最も深刻になっています。
第3位には肺炎があり、COPD(慢性閉塞性肺疾患)も急激に増えていますね。
人間に最も重要である空気がいかに汚れてきているか、中国での大気汚染は深刻ですが、日本でもかなり空気が汚れてきていることがわかります。

過去問

第31回 問題4

健康に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 一次予防とは、疾病の悪化を予防することである。
2 日本の特定健康診査は、メタボリックシンドロームに着目した健康診査である。
3 「健康日本21(第二次)」の基本的方向は、平均寿命の延伸である。
4 現在、日本の死因の第1位は心疾患である。
5 WHOが提唱したヘルスプロモーションは、ヘルシンキ宣言において定義された。

1 一次予防とは、疾病の悪化を予防することである。
間違いです。
一次予防は、病気になる前の予防です。

2 日本の特定健康診査は、メタボリックシンドロームに着目した健康診査である。
これが正解です。

3 「健康日本21(第二次)」の基本的方向は、平均寿命の延伸である。
間違いです。
平均寿命ではなく健康寿命の延伸です。
平均寿命が延びても健康でなくては意味がありません。

4 現在、日本の死因の第1位は心疾患である。
間違いです。
日本の死亡原因1位は悪性新生物(ガン)です。

5 WHOが提唱したヘルスプロモーションは、ヘルシンキ宣言において定義された。
間違いです。
ヘルスプロモーションといえばオタワ憲章です。

第30回 問題3

世界保健機関(WHO)の活動に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 アルマ・アタ宣言では、プライマリヘルスケアの重要性が示された。
2 リハビリテーションという言葉を初めて用いた。
3 憲章前文の中で、健康とは、身体的、精神的、社会的、政治的に良好な状態であると定義した。
4 国際疾病分類であるICIDHを策定した。
5 健康寿命とは、健康上の問題で制限されることなく仕事ができる期間と定義した。

1 アルマ・アタ宣言では、プライマリヘルスケアの重要性が示された。
これが正解です。

2 リハビリテーションという言葉を初めて用いた。
間違いです。
リハビリテーションという単語はWHOが定義する以前から用いられています。

3 憲章前文の中で、健康とは、身体的、精神的、社会的、政治的に良好な状態であると定義した。
間違いです。
政治的に良好な状態とは定義されていません。

4 国際疾病分類であるICIDHを策定した。
ICIDHは国際疾病分類ではなく国際障害分類です。

5 健康寿命とは、健康上の問題で制限されることなく仕事ができる期間と定義した。
間違いです。
健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間です。
仕事ができる期間ではありません。

第32回 問題5

1978年にWHOが採択したアルマ・アタ宣言に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 先進国と開発途上国間における人々の健康状態の不平等について言及している。
2 政府の責任についての言及はない。
3 自己決定権についての言及はない。
4 健康ニーズに対応する第一義的責任は、専門職個人にあると言及している。
5 地域、国家、その他の利用可能な資源の活用についての言及はない。

これは選択肢1が正解です。
その他の選択肢を見ると、内容が明らかにおかしかったり、間違い選択肢を敢えて作っている感が否めませんね。

精神疾患の診断基準DSM
うつ病や統合失調症などの精神疾患って、どのように診断しているのでしょう。脳のCTやレントゲンを撮影してもわかるものではありませんし、うつ病なんかはテキトーに診断しているように感じますが。精神科医の感覚で診断しているのでしょ...
人体と健康
スポンサーリンク
カリスマ社会福祉士をフォローする
スポンサーリンク
社会福祉士国試 3カ月で合格できる覚え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました